管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たして行くところはあるのだろうか?

<<   作成日時 : 2014/11/04 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2〜3日前のブログで阪神タイガースの新井貴浩選手が今年の年俸から1億2000万円減の8000万円を提示された、みたいなことを描いた覚えがありますが、結局新井選手はその定時に納得がいかずに阪神を退団することになったそうですね。

「新井貴浩が阪神退団へ 1億円以上のダウン提示は“アニキ”以来3年ぶり…」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141104-00015057-baseballk-base
「【阪神】新井貴退団!制限超え1・2億円ダウン拒否」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141104-00000012-sph-base

なんか野球協約では年俸の40%以上を減額できず(つまり新井選手の場合は最高8000万円まで)、NPBと選手会での申し合わせにより40%以上の減俸の場合は本人の同意がなければ自由契約、という規定があるそうですが、かつて選手会の会長をやったこともある新井選手がまさかその申し合わせを適用されるとはねえ。

確か新井選手は「優勝を狙えるチームに所属したい」ということで2007年にFA宣言して阪神に行ったものの、その阪神は今年まで優勝できず、CSのおかげで出場できた日本シリーズは結局出場の機会がなかったし、どうも肝心なところで凡退ばっかしている、というイメージがありますからね。まあ年齢による衰えもあるでしょうが、阪神球団にとっては期待を裏切る結果になっていることだけは間違いがない気がしますが。

で、出場できる機会を求めて他球団からのオファーを待つ、という事のようですが、ただ実際声をかける球団があるかどうか、でしょうね。同じような例だと昨年中日から大幅な減額を提示されて自由契約となり、巨人に移籍した井端選手の例もありますが、巨人が声をかけてくれたからよかったようなものですからね。個人的にはロッテや楽天、セだとヤクルトやDeNA(そういえば金城選手がFA宣言して巨人に移籍する、という話もあるようだし)が声をかけてくるかもしれないな、とは思いますが、それでも(少なくとも)8000万円以上の活躍ができるかどうか、というのも気になりますが。

いずれにせよ、今年のシーズンオフも各球団の選手の動向が気になるところですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たして行くところはあるのだろうか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる