管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たして社会復帰できるか

<<   作成日時 : 2014/11/20 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今から1か月ほど前に大雨の中鈴鹿サーキットで開催されたF1日本グランプリのレース中に事故を起こしたF1カーをコースからどけようとしていた重機に突っ込んで大事故を起こし、そのまま四日市市の病院に緊急搬送されたマルシャ・フェラーリのジュール・ビアンキ選手ですが、事故から約1か月半が経った19日にフランスの病院に搬送された、という発表があったようですね。

「F1日本GPで負傷のビアンキ、フランスに移送」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141120-35056815-cnn-int
「ビアンキが昏睡状態を脱しフランスに帰国、家族が発表」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141120-00000006-jij_afp-moto

件の事故に関してはFIA側が事故の瞬間の映像を公開禁止という処分にしたものの、こういうのはいくら規制をしてもすり抜けてしまうようでどういうわけか動画投稿サイトに残っていて、実は管理人も見たことがあるのですが、それはそうと、普通の自動車でも仮に重機に突っ込んだら大事故間違いなしですが、それがF1マシンですからね。おそらく命を落としてもおかしくなかったと思うのですが、確かに最悪の事態は免れたかもしれませんが、依然危険な状態であることだけは変わりがないでしょうね。

管理人がF1ドライバーの事故、というと(プライベートではありましたが)、昨年の暮れにスキーで事故って頭がい骨と脳に重傷を負ったミハエル・シューマッハ氏のことを思い浮かべるのですが、あれから1年近くたってもまだまだ完全回復には程遠い状態という話ですからね。ですからビアンキ選手だっていったい回復までに何年かかるかわかりませんし(下手したら植物状態のままだし)、仮に回復したとしてもF1復帰云々以前に普通の生活が送れるようになるのかな、という気もしますが。

もちろん医師団だって最初から何年もかかることは十分承知の上だと思いますし、それでも少しでも回復に向けてちゅりょうを続けていきたい、と思っているのでしょうから、とにかく今は医師団の力を信じて少しずつでもいいから回復に向けての治療をしてほしい、おそらく関係者はそう思っていると思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たして社会復帰できるか 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる