管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 何でこれだけ差がついたのか。

<<   作成日時 : 2014/11/02 19:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで日米ともにプロ野球はすべての日程を終え(まあ、日米野球が残っているけれど)、ストーブリーグに突入し、や○○選手のFA宣言はあるのかとか、××選手は年俸がどうなるのか、といったようなことが気になると思いますが、日米でほぼ同じ年齢なのにこれだけの差がある、というお話。

「上原、破格契約!来々季41歳10億円「本当にありがたい」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141031-00000291-sph-base

まあ、上原投手の場合は日本ではどちらかというと先発完投型だったし、おそらく海を渡ったときは本人も先発を希望していたのかもしれませんが、結局クローザーに転向したのが功を奏したようですね。とはいえ、日本では最高の守護神といっても過言ではなかったであろう藤川球児投手がカブスに行っても故障もあったせいかあまりぱっとしない成績でカブスのと契約が解除されるのではないか、という情報がありますが、それはそうとやはり選手には向き不向きといったものがあったのかもしれませんね。
まあ、とにかく39歳という年齢でこれだけの契約が結べる、というのはそれだけ球団が期待しているという証拠なのかもしれませんが、もう一方でこんな話もあって…

「阪神・新井に“最後通告”1億円超大減俸…提示拒否なら退団も」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141102-00000000-sanspo-base

2008年に優勝できる球団へ、ということで阪神に移籍した新井選手ですが、これまで阪神はリーグ優勝が一度もなく、今年の日本シリーズでは直前になって腰痛のためベンチ入りできず、と何のために移籍したんだ、と思いますが(仮に巨人やソフトバンクに移籍していたとしたら、1回くらいは優勝を経験していたかもしれないが)、いずれにせよ球団としては年俸に見合った活躍ができていない、という判断なのかもしれませんね。
中日の谷繁兼任監督も4000万円減で更改した、という話を聞きましたが、やはり40歳ともなるとそりゃ若いころと比べると体力面等も落ちていると思うのですが、それでもここ一番というところでは活躍できるような選手でなければならないのかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何でこれだけ差がついたのか。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる