管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS なんかドタバタしているような。

<<   作成日時 : 2014/11/19 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日開催されたサッカーキリンチャレンジカップでオーストラリアに2−1で勝ち、2014年最後の試合を終えたサッカー日本代表・アギーレジャパンですが、2014年7月に就任してからのアギーレ監督の戦績はこの4か月で3勝1分け2敗とこれがいいのか悪いのかわかりませんが、とにかく来年年明け早々(1月5日)に開催されるアジアカップに向けて弾みがついた(しかも対戦相手はその開催国)と思いますが、実はその「1分け」だった9月9日のベネズエラ戦がこんなことになったようですね。

「アギーレJの初白星は没収試合? FIFAがベネズエラ戦を日本の勝利に変更」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141119-00251850-soccerk-socc
「日本代表、9月のベネズエラ戦に無効試合の可能性…武藤、柴崎の初ゴールも取り消しか」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141119-00215403-gekisaka-socc

なんでも日本代表と対戦する前に行われた韓国戦でベネズエラ代表の選手が退場処分となり、退場処分を受けた選手は次戦(つまりこの場合は日本戦)に出場できないという規定があったにもかかわらず出場した(しかも先発メンバー)というのが問題になったそうですが、もしこれが没収試合(無効試合)となったら、FIFAの規定で日本代表が3−0で勝った、ということになるそうですが、よりによってアギーレジャパンの初勝利が没収試合、なんて笑うに笑えんでしょう。
いや、たとえば韓国戦や日本戦がエキジビションマッチみたいなものだから別に退場処分を食らっても関係な位、とでもベネズエラ代表が思ったのか、あるいは次戦に確認を怠ったのかどうか管理人は知りませんが、いずれにせよベネズエラ代表のミスであることにかかわりがないでしょう。すでにFIFAの公式サイトではこの試合の結果を「無効試合」としているそうですが、そうなると公式の記録とか(たとえばゴールは認められるのかとかイエローカードの累積はどうなるか)はどうなるのか、といったところが気になりますが。まあいずれにせよこういうことは起こらないようにしてほしいですね。

それにしても、2018年・22年ワールドカップの招致活動を巡る一連の騒動といい、今回の問題といい、ここの所FIFAの周辺はドタバタしているような気がしますね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんかドタバタしているような。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる