管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり難しいのかね?

<<   作成日時 : 2014/10/22 20:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

スポーツ選手が自分の力を試すために海外に行く、というと大抵はプロ野球選手のメジャーリーグ挑戦か、サッカー選手のヨーロッパリーグ挑戦が思い浮かぶし、実際統計を取ればMLBやELに所属する(したことがある)日本人選手というのも圧倒的に多いと思いますが(ちなみにプロレスラーも昔は「海外長期武者修行」としてアメリカやメキシコに行っていたが、最近はそういう選手も少なくなった気が)、もちろん他にも海外で挑戦する選手はいるのですが、フェニックス・サンズの田臥勇太選手以来の日本人二人目となる全米プロバスケットボールリーグ(NBA)プレイヤーを目指していた富樫勇樹選手が結局所属チームであるダラス・マーベリックスから解雇されてしまったようですね。

「【NBA】マブスが富樫をウェイブ Dリーグでプレーへ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141022-00000310-ism-spo
「富樫をウエーバー公示=NBA」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141022-00000022-jij-spo

まあ、これがたとえば野球だったら(日本でも競技人口が多いし、世界的に見てもトップレベルだから)日本人でもたとえば卓越したバッティング技術や投球術があれば十分にMLBでも通用するとは思うのですが、バスケットとかアメリカンフットボールといったスポーツでは、まだまだ日本はアメリカと比べると2枚も3枚も劣ると思いますし(競技人口だってアメリカと比べれば少ないだろうし)、体格面でもやはりかなわない部分があると思いますが(事実、他のスポーツを見てもアメフトのNFLは日本人プレイヤーはゼロ、アイスホッケーのNHLでは過去1人だけ)、それでも2mを超す選手ばかりのNBAで身長167cmしかない富樫選手がマーベリックスのキャンプに参加できた、というのは実力はおそらくNBAのレベルに見合ったものなのかもしれませんが。

まあ、富樫選手は下部リーグのチーム(野球でいうマイナーリーグみたいなものか?)でプレイすることになるようですが、今はそのチームでスキルアップをして将来的には日本人2人目のNBAプレイヤーとなってほしい(それに田臥選手は4試合しか出場していないからそれ以上、できれば1シーズン出場してほしい)と思っている人もいるのではないでしょうか?




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やはり難しいのかね? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる