管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 古巣に復帰したわけですが。

<<   作成日時 : 2014/09/03 19:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年のワールドカップで優勝したドイツのサッカーリーグのブンデスリーガといえば、数多くの日本人選手が所属しているリーグですが、このたび日本代表の香川真司選手がかつての所属チームであるドルトムントに2年ぶりに復帰することが決まったようですね。

「ドルトムントはなぜ移籍金を出せた?香川真司、2年前の“置き土産”。」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140903-00821586-number-socc
「早くも“復帰効果”香川 ドルト移籍後初練習に報道陣も集結」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140903-00000044-spnannex-socc
「香川、ドルトムントのチーム練習で“初ゴール”」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140903-00000500-sanspo-socc

海外サッカーのことは管理人あまりよくわかりませんが(それでも今はやっていないけれど、「ニコニコ生放送」でブンデスの中継をやっていた2年前まではは時々見ていたけれど。ただ放送時間が10時〜夜中だったんだよな…)、それでもCSKAモスクワ(ロシア)→ACミラン(イタリア)に移籍した本田選手同様、ドルトムント→マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)という所属チームは傍目から見ればこれ以上ないくらい最高の移籍だと思うのですが、ただマンUも監督が変わったということでチームの戦術面で前監督と違う部分があるでしょうし、結局のところ香川選手はその構想外になってしまった、ということになるのでしょうか?
とはいえマンUで2シーズンプレイした香川選手だから移籍金も相当出さなければいけなかったのではないか、と思うのですが、かつてドルトムントを優勝に導く活躍をした選手ですし、ドルトムントとしてもどうしてもほしかった選手であることは変わりがなかったのかもしれませんね。

なんでもドルトムントは4年契約を結んだという話のようですが、香川選手にとってのマンUの2シーズンがどのような影響をもたらすのか、それがプラスになるのかはたまたマイナスになるのかまだわかりませんが、やはり日本代表の中心選手だったのですあkら、日本人としてはせっかく古巣に戻ったのだし、やはりまた古巣を優勝に導くような活躍をしてほしいと思っているのではないでしょうか?




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古巣に復帰したわけですが。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる