管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS いろいろと理由はあると思うけれど。

<<   作成日時 : 2014/09/18 19:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年日本一になりながら今年はパ・リーグ最下位、と苦戦している東北楽天ゴールデンイーグルスですが、その楽天の星野仙一監督が今年限りでの監督辞任を表明したようですね。

「「直接の原因は成績」星野監督、辞任表明で会見」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/20140918-OYT1T50144.html
「星野監督 退任理由は成績不振「2カ月間も戦場から離れ迷惑かけた」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140918-00000105-spnannex-base

まあ、正直言って管理人昨年の時点で成績いかんにかかわらず退任する、と思っていたのでその後3年契約を結んでいた、というのも(星野監督には失礼ですが)ちょっと意外な気がしたのですが、とはいえ今年の5月に手術のため休養する、と聞いた時には「もしかしたら…」と思っていたので、今回の辞任表明を聞いても「ああ、やっぱりね」と思ったのもまた事実なのですが。
まあ、確かに田中将大という絶対的エースが抜けてしまったことや昨年所属していたケーシー・マギー選手(現マイアミ・マーリンズ)が1年で退団してしまった、ということもあったと思いますが、もちろんそれだけがチームが不振になってしまった、という理由ではないと思いますが(「AJ」こと主砲のアンドリュー・ジョーンズ選手は今年もチームの4番として活躍しているし)、今日の時点で56勝71敗、というのは正直言って管理人の予想以上の不振だったように思えるんですよね。やはりこういった形で指揮官が途中休養し、佐藤義則投手コーチ→大久保博元2軍監督と監督代行が2回も変わったのを見るとなんか今年の楽天という球団そのものが相当混乱していたのではないか、という気もするのですが。

中日・阪神・楽天と3球団の監督を務め、2008年の北京五輪では日本代表の監督も務めた星野監督ももう67歳という年齢を考えると今後どういった形で球界にかかわるのか、とか後任監督は誰になるのか(一番可能性が高いのは仁村徹チーフコーチだと思うが。今年監督代行も務めた佐藤投手コーチは監督の器じゃないし、大久保2軍監督は「人間的にちょっとねえ…」という意見が多いようだし)、といったことが気になりますが、まずは残り試合の指揮を執って本人としても満足のいく形で次の監督にチームを引き渡せるようにしてほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いろいろと理由はあると思うけれど。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる