管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 考えてみれば当然なんだが。

<<   作成日時 : 2014/08/10 19:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2020年のオリンピックの開催が東京に決まってからそろそろ1年になり、計画当初と比べると会場の建設費などがかかりすぎる、ということで会場の見直し論が出て来ているようですが、来年の2月にはIOCに基本計画を提出しなければいけない、ということのようなのでとにかく見直しを急いでほしい、とは思いますが、それはそうと、こんなアンケート結果が出ているようですね。

「外国人過半数、東京五輪「屋外観戦の自信ない」」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140810-OYT1T50062.html

前にもこのブログで書いたと思いますが、東京五輪は2020年7月24日から8月9日まで、パラリンピックは8月25日から9月6日までという開催期間を予定していますが、梅雨が明けたばかりのこんな暑い時期になぜ? と思ったのですが(ちなみに1964年東京五輪の時は1964年10月10日〜24日)、なんでも今はIOCの五輪憲章によりオリンピックの開催時期は7月〜8月と決められているらしいですね。そうでもなければおそらく東京五輪の組織委員会も9月下旬〜10月上旬に開催を予定したいたのではないか、と管理人は思うのですが、まあそれはそうとこういう問題が出てくるのはある意味予想されたことですよね。

ご存じのとおり日本は温帯に属していますけれど、ここ最近の地球温暖化に加え、東京は梅雨明けしたばかりのころでちょうど一番暑い時期だし、おまけにヒートアイランド現象というのもありますからね。いや、屋内競技だったら冷房を効かせることができると思いますが(ちなみに新国立競技場は開閉式の屋根を設置する予定)、屋外の競技となるとマラソンや自転車のロードレースなどのようにアスファルトの上を走るという競技もありますし、観客も2時間とか3時間にわたって観戦しなければいけませんからね。いや、もちろんそれに合わせて競技開始時間を遅らせるといったような工夫もしていると思うのですから、やはりオリンピックとなると世界中の国から観客が訪れますからねえ。そういった面での工夫も必要になってくると思いますが。

まあ、とにかく大会までまだ6年ありますけれど、いざ準備を始めるとなると6年なんてあっという間ですからね。再来年のリオや4年後の平昌のように個々にきてまで準備が遅れた家う、なんてことにならないようにだけはしてほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
考えてみれば当然なんだが。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる