管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS あれから7年たってどうなったか。

<<   作成日時 : 2014/08/12 19:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日まで黙っていたのですが、8月7日になぜブログを休んだのか、というと、実は福島県いわき市で行われた「いわき市復興祈願土俵入り」をたまたま抽選が当たったので見に行ってきたんですよ。当日の模様については動画投稿サイト「ニコニコ動画」の「ニコニコ生放送」のタイムシフトで見ることができるので機会があったら拝見してほしいですが、3横綱や稀勢の里・琴奨菊の2大関、あるいは勢や遠藤、大砂嵐といった人気力士や地元出身の十両・双大竜も来ていたので会場は大盛り上がりだったわけですが、それはそうと、ここの所相撲人気が回復しつつある、という話のようですね。(ちょっと前振りが長かったですが)まあ、振り返ってみると野球賭博やら八百長問題やらで相撲協会も相当ダメージを受けたと思うのですが、おそらく相撲人気に冷水をぶっかけるような事件といえば忘れてはならない2007年の「時津風部屋力士暴行死事件」というのがありましたが、その当事者の一人である元時津風親方の山本順一氏が亡くなったそうですね。

「元時津風親方が死去…弟子暴行死で実刑判決」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140812-OYT1T50133.html
「元時津風親方の山本順一氏死去=力士死亡事件で実刑判決」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140812-00000051-jij-spo

そもそもの事件の発端は、といえば2007年に急死した序の口の力士の死因に不審を抱いた家族が調査を依頼した結果、暴行をしていたことが発覚した、ということだったのですが、上にも書きましたがあれをきっかけにして相撲人気が落ちだしたのではないか、という気がするんですよね。相撲部屋にとっては親も同じであろう親方という人物が結局先輩力士の暴行を止めるどころか自分もやっていた、ということで責任を問われて実刑判決を受けた(当然のことながら相撲協会を解雇され、部屋も解散となったが)と思いますが、果たしてあれから7年たって相撲界というのは変わることができたかな、という気もしますが。
いや、そのあとに野球賭博事件やら八百長問題やらが起きて相撲界そのものを揺るがす大スキャンダルがありましたか、もしかしたら時津風部屋の一件はそのきっかけにしかすぎませんでしたし、もしかしたら今でもいわゆる「かわいがり」はあるかもしれませんが、でもやはりファンの相撲界を見る眼もまた厳しくなってきていると思うんですよね。

最初にも書いた通り相撲人気が復活しつつあるとはいえまだ道半ばと思いますから、こういったような事件が起こることの内容にしてほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あれから7年たってどうなったか。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる