管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS これがベストなやり方なんだか

<<   作成日時 : 2014/07/15 20:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いま全国各地で予選が繰り広げられている夏の高校野球ですが、なんでも高野連が早ければ来年春のセンバツから高校野球でのタイブレーク制の導入を考えていてそれに基づくアンケートを実施するとかいう話のようですね。

「甲子園でも「タイブレーク」高野連、全加盟校にアンケート実施へ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140713-00000347-sph-base
「甲子園常連、名将たちは複雑…元球児「ぬるま湯体質」の声も」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140714-00000002-spnannex-base
「ダルビッシュ、高野連タイブレーク方式導入に「学年別で可能な投球回数を」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140715-00004233-baseballk-base

タイブレークとはどういうシステムかというと延長戦になったらある回からは1アウト満塁(ランナーはその回のトップバッターの前の打順の3人がつく)から始める、というルールで社会人野球や2008年北京五輪や2009年以降のWBCでも採用されているのですが(もし2020年の東京五輪で野球が復活したらどうなるかわからんが)、高校野球というのはこれまでも何度もルールが変わっていてたとえば延長だってかつては無制限だったのが18回再試合になって今は15回再試合だし、ベンチ入り人数だって調べてみると戦前は12人だったのが今は18人までと結構変わっているんですよね。
今回タイブレークの導入を考えているのが選手の健康管理の問題ということなのですが、でも正直言って選手の健康を考えるならそれこそダルビッシュ投手の言うようにもっと他の方法がありそうな気もするのですが。

ダルビッシュ投手は「学年ごとの投球回数」を提案しているようですが、あるいはWBCみたいに球数制限を設けるとか、あるいは前の試合で10回以上投げた投手は次の試合には投げることができない(ただし、代打および投手以外の守備の参加は可)といったようにルールを制定するとか言った方法があると思うのですが。それにアンケートを実施するという話ですが、もしアンケートの結果がタイブレークに対し反対多数だったら高野連はどうするのでしょうか?

ですからタイブレーク制のほかにもいくつかのルールを考えて、どれが一番ベストなやり方なのか、といったようなことを考えるのも一つの方法と思いますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これがベストなやり方なんだか 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる