管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たして4年後までに立て直せるか

<<   作成日時 : 2014/06/25 19:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで今朝行われたワールドカップブラジル大会のグループC最終戦に臨んだ日本代表は1-4でコロンビアに敗れ、結果1分2敗の勝ち点1、という結果で2大会連続のベスト16進出はならず、GL敗退が決定しました。

「岡崎同点ヘッドも1-4完敗…日本はC組最下位で敗退」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140625-00136741-gekisaka-socc
「コロンビアに完敗でGL最下位、本田「無念のひと言。自分たちが未熟だった」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140625-00000013-spnavi-socc

まあ、スポーツに「タラ」「レバ」は禁物ではありますが、もし初戦のコートジボワール戦で1-0で逃げ切るとかで買っていたらおそらく日本代表はそれで波に乗って2戦目のギリシャ今回の試合同様に引き分けたとしてもGL突破もできたのではないか、という気もしますが、なんだか今回の日本代表はコロンビア戦はとにかく、コートジ戦にせよ、ギリシャ戦にせよ勝てた試合を落としたようなそんな感じがするんですよね。まあ、結果的には日本代表の決定力不足が今回の大会で顕著になった、ということになるのかもしれませんが。

で、これから今回のワールドカップを最後に退任がうわさされているザッケローニ監督の後任探しから始まると思いますが、後任の監督が誰であるにせよ、とにかく目標は4年後の2018年ロシア大会だと思いますが、それまでの間に日本サッカーのレベルを立て直すことができるかどうかにかかっているような気がしますよね。確かに欧米諸国と比べれば日本のサッカーは体格面でも作戦面でも技術面でも劣る部分はあると思いますが、そんなのはいくらでも工夫次第でカバーできるともまた思うんですよね。それがいい方向に進んだのが前回の2010年大会でのベスト16という結果だと思いますし、後任の監督も日本代表のどこがよくてどこが悪いかをまずはしっかりと見極めることができる人を選んでほしいと思いますが。
それと選手ももう少しスキルが高い選手が出てきてほしいですよね。いつまでも香川選手や本田選手に頼り切りではなくて「自分が日本代表を引っ張っていく!」くらいの気概がある選手が早く、そして多く出てきてほしいと思いますが。そういった意味では再来年開催されるリオ五輪のU-23サッカー代表が(出場できるかどうかを含めて)一つの試金石になるかもしれませんね。

今回のGL敗退という結果は日本代表の実力と言ってしまえばそれまでですが、いつか日本代表がワールドカップの決勝のピッチに立って、あのトロフィーを日本に持ち帰る日を1日でも早く実現するためにも、日本代表はこれからもレベルアップをしてほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たして4年後までに立て直せるか 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる