管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 最初は違和感がありそうだけれど…

<<   作成日時 : 2014/02/14 20:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで先日急逝した永井一郎氏が声を担当していた中で誰もが一度は聞いたことがあるであろう声といえば「サザエさん」の磯野波平だと思いますが、それこそ永井氏の急逝以来話題となっていたであろう後任の声優が茶風林氏に決まったそうですね。

「2代目「波平」声優、「精一杯頑張ります」 ツイッターで意気込み」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140214-00000009-flix-movi
「2代目波平の茶風林 声援に感謝し「精一杯頑張ります!」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140214-00000095-spnannex-ent

実は「サザエさん」も今年で放送45年目ということもあって、1969年の放送開始当時からずっと声をやっている声優というのはそれこそ数えるほどで、これまでにも何度も声優の交代はあったんですよ。まあ、これは管理人の想像ですが、もし仮にサザエの声をやっている加藤みどりさんが何らかの形で降板したとしても代役を見つけるとか、あるいは「ドラえもん」みたいに声優を全員とっかえて再スタートという形をとるのではないか、と思うのですが(可能性としては前者のほうが高そうな気がするが)。

まあ、それはそうと永井氏の後任が茶風林氏とはねえ。どうも管理人「名探偵コナン」の目暮警部のイメージが強すぎるし(勿論ほかにもいろいろな役はやっているけれど)、あの声はちょっとイメージと違うんじゃね? と思っているのも事実なのですが、考えてみれば声優が交代するとどうしてもしばらくの間は違和感が残ってしまうと思うんですよね。例えば先に挙げた「ドラえもん」も主要キャラの声優が全員交代してから今年で9年になりますが、まだ違和感を感じている人がいるのではないか(まあ、今の小学生にとっては今の所謂「水田ドラ」のほうがデフォなのではないかとは思うが)、と思うんですよね。

まあ、でもやはり逆にいうとどれだけ前任者(この場合は永井氏)のイメージを残しつつ、新しい波平像を築いていくことができるかファンとしても期待している部分があると思いますし、茶風林氏本人もどうしても当分の間は永井氏と比べられてしまうのは十分に承知の上だと思いますから、そのプレッシャーに負けないようにしてほしいと思います。


朗読のススメ (新潮文庫)
新潮社
永井 一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 朗読のススメ (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最初は違和感がありそうだけれど… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる