管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS どうも中日ドラゴンズは

<<   作成日時 : 2013/12/09 20:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プロ野球もシーズンオフとなり、FA選手の動向や契約更改の他に話題になることといえば今年のドラフトで指名された選手やFA、トレードで入団した選手の入団発表で、今日までに各球団が入団発表を行ってきていますが、今日はその中で中日ドラゴンズで2つほど話題があったので。

「中日 大量13人の背番変更、10番台小川と伊藤は新人に“譲る”」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131209-00000116-spnannex-base
「中日 新ユニも披露、初の日本一に輝いた54年のスタイル」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131209-00000110-spnannex-base

正直言って管理人、井端選手が巨人に移籍して、その巨人から小笠原選手が移籍してきたとき、ちょうど井端選手の6番が空いたから小笠原選手はそれをつけるのかな、と思っていたのですが(井端選手は小笠原選手の2番をつけることになったし)、36番というのも意外な気がしたのですが、それとはまた別にこれだけの選手の背番号を変更するとはねえ。
まあ、球団が期待の新人投手に10番台の若い背番号を与えるのもよくありますし(たとえば今年の例でも広島が1位指名した大瀬良投手が14番だし)、そのためにそれまでにその背番号をつけていた選手にほかの番号を付けるというのもよくあることですが、それにしても13人というのも随分と思い切ったことをしたな、という気がするんですよね(まあ、同じようなことは数年前に巨人もやってるから珍しいことではないのだが)。これじゃ新しい背番号を覚えなければならないファンも大変ではないか、という気もしますが。

で、もう一つの新ユニフォームですが、1954年に球団創設初の日本一になった時のユニフォームがベースとのことですが、どうもこの球団は監督が変わるたびにユニフォームを変えているイメージがあるんですよね。しかも今回のユニフォームの変更は前回の変更からわずか2年だし、デザインそのものもがらりと変えているんですからねえ。ここのところの中日はユニフォームをころころ変えているからか、これというイメージがなかなか定着していないような気がするのですが。

もちろんユニフォームのデザインで野球をするわけではありませんが、今年4位という成績に終わってしまった中日が谷繁新監督のもとでどれだけ巻き返せるか注目したいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どうも中日ドラゴンズは 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる