管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS ようやく決まったようだけれど

<<   作成日時 : 2013/12/18 19:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年フリーエージェント(FA)宣言した選手の中でなかなか移籍先が決まらなかった西武ライオンズの涌井投手ですが、このたびようやく千葉ロッテマリーンズとの入団合意に達したようですね。

「【ロッテ】涌井の入団決定「千葉でプレーできるのがうれしい」]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131218-00000094-sph-base
「涌井、ロッテ入り「新しい自分見せる」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131218-00000038-nksports-base

まあ、涌井投手が千葉出身ということと、伊東監督が西武ライオンで選手および監督の経験があるということからか、涌井投手がFA宣言したころから「たぶん地元のロッテに入るんじゃないか」と言われていたので管理人もまあ、順当な結果だな、と思ったのですが、他のFA選手と比べると随分と時間がかかったな、という気もするんですよね。
ロッテは今年3位という結果に終わってCSでも西武に勝ってファイナルステージまで進みましたが、2005年の時はレギュラーシーズン2位でプレーオフに勝ち、2010年の時は3位からのCS勝ち上がりの「下剋上」、とレギュラーシーズンで1位になってのいわば「文句なし」のリーグ優勝がありませんし、今年は渡辺俊介投手が(自由契約→マイナー契約という形ではあるが)渡米したので、来年こそ、という思いを込めて先発を任せられる投手がほしかったと思いますが、果たして来年活躍できるかどうかはまた別問題ですからね。

確かにFA宣言した選手で他球団に移籍してその球団で中心選手として活躍している選手も多いですけれど、逆に移籍したはいいがパッとしないまま戦力外になってしまった選手(たとえば日ハムFA→DeNAから西武に移籍した森本稀哲選手)もいるのもまた事実ですからね。涌井選手がどれだけ活躍できるかはまだわかりませんがやはりそれだけの期待をロッテから持たれているわけですから活躍しないとロッテとしても獲った価値がないと思いますしね。

今年のシーズンオフを見てみると結構いろいろな選手が移籍したな、という感じですが、来年のシーズン開幕までまだまだトレードなどもあると思いますからシーズンオフのプロ野球界も注目してみたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ようやく決まったようだけれど 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる