管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 挑戦は表明したけれど

<<   作成日時 : 2013/12/17 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで新ポスティングシステムではたしてメジャーに挑戦するのかどうか注目されていたプロ野球・楽天の田中将大が本日球団社長と話し合いを行いその新ポスティングシステムでのメジャー挑戦を申し入れたそうですね。

「マー君が新制度でメジャー挑戦を表明 立花球団社長との会談終了」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131217-00000041-dal-base
「マー君「新たなステージで」/一問一答」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131217-00000022-nksports-base

まあ、今までのポスティングというのは入札金が高騰してこのままだと資金力がある球団しか入札できないことなどから入札金の上限を20億円にする、といったような制度が決められていて、当の楽天が最後までこのシステムに反対していたという話ですが、このシステムが決まったのと、田中投手が挑戦を表明した以上は(仮に残留を決めたとしても)できる限りの協力をするのが球団だと思いますが。

とはいえ、これから田中投手のメジャー挑戦を認めてポスティング→代理人選定→入団交渉となったとなるとかなり時間がないのだけは確かでしょうね。なんでも田中投手を狙っている球団は10球団以上あるとかいう話ですけれど、もし最高入札額(20億円)で入札した球団が複数あったらどうするのかとか、(入札しただけでは獲得できませんから)これから交渉するにあたって年俸とかの交渉もありますからねえ。確かマリナーズの岩隈投手の時は(マリナーズ入団の1年前に)アスレチックスが入札した際に、球団側の提示した際の年俸と岩隈投手側の希望の年俸額があまりにも開きがあった上に、交渉が全然進まず破談になったことがありますからね(まあ、これについては団野村がTwitterで愚痴ってたが)。確か松坂大輔投手の時は代理人に「とにかく早く決めてくれ」と言って何とか交渉がまとまってレッドソックス入りが決まった、と記憶していますが、果たして田中投手も念願のメジャー入団ができるかどうか。

もちろん上に書いたことは「今年、田中投手のメジャー挑戦が決まった」場合であり、残留となったら全てがご破算ですが(苦笑)、これから来年2月のキャンプインまでに田中投手がどうなるか気になる話ではありますね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
挑戦は表明したけれど 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる