管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 新天地で活躍できるか

<<   作成日時 : 2013/11/22 20:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日も書きましたが、この時期になるとプロ野球は契約更改と選手の移籍が話題になりますが、そんな中、今年まで中日ドラゴンズで正二塁手として活躍し、先日戦力外通告を受けて退団した井端弘和選手が巨人に移籍することにほぼ決まったようですね。

「井端、巨人入り決定!悩みに悩んだ末に現役続行」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131122-00000017-dal-base

中日で荒木雅博選手とともに「アライバコンビ」として活躍した井端選手も最近は故障がちでとくに10月に右ひじと右足首の手術を受けたということのようですし、年齢も38歳ということを考えるとせいぜい現役生活もあと2〜3年くらいではないか、と正直管理人は思うのですが、とはいえ巨人は今年は正二塁手が固定できなかったし、やはりベテランということで若手の手本になるようなことを期待したのかもしれませんね。

で、その中日は先日巨人からFA宣言した小笠原道大選手を獲得に乗り出す、という話だし、同じく巨人を退団した谷佳知選手はオリックスに戻るのではないか、と言われているし、ほかにも横浜DeNAを退団した森本稀哲選手が西武入団といったようなニュースもありますし、FA宣言した西武の涌井投手や片岡選手、あるいは阪神の久保投手や広島の大竹投手の行先など話題も尽きませんが場合によっては来年のプロ野球の勢力図が大きく変わることもあるかもしれませんね。
で、もう一つ以前から噂があった韓国・サムスンライオンズの呉昇桓(オ・スンファン)投手の阪神入りが決定したようですが…

「阪神がストッパー・呉昇桓の獲得を発表!セーブ数はアジア&韓国記録保持」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131122-00000062-dal-base

プライドが高いのかどうか知りませんけれどどうも韓国人選手というのは、日本プロ野球で活躍できる例というのが少ない気がするんですよね。いくらアジア記録だの韓国記録保持者だのといっても日本の野球は全くと言っていいほど違うものなのですから、日本野球に慣れることがまずは第一だと思いますが…


日本プロ野球追憶の「球団史」―1936ー2004 (B・B MOOK 990)
ベースボール・マガジン社
2013-10-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本プロ野球追憶の「球団史」―1936ー2004 (B・B MOOK 990) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新天地で活躍できるか 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる