管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS いろいろと最悪のタイミングが重なったようで。

<<   作成日時 : 2013/10/06 19:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近見かけなくなった芸能人が「いったい今何やってるのかな」と話題になることがしばしばありますが、それでもやはりこんなニュースを聞くと悲しくなってくるわけで…

「桜塚やっくんが交通事故死…山口県内の中国道で車にはねられる」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131005-00000079-dal-ent
「やっくんブログに追悼コメント1万5000件超「なぜ車外に…」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131006-00000076-spnannex-ent

ちなみに管理人、今朝この事故を知ったのですが、お笑いタレントというのは一度ブレイクしてもその人気を維持するというのはなかなか難しいようで(そういう意味では再ブレイクした有吉弘行はある意味で奇跡だが)、桜塚やっくんこと斎藤恭央氏は最近はバンド活動をしていたようですね。で、ライブの会場に行く途中に事故にあってしまったようですが、なんでも10月3日にはブログで近況を書いていた、とかいう話ですから、まさか誰も2日後にこんなことになるとは予想もしていなかったでしょうが…

それはそうと記事を見てみるとそうもこの事故はいろいろと不幸なタイミングが重なって怒ってしまったような気がするんですよね。というのも事故当日、現場となった山口県の美弥市はちょうど雨が降っていて、(おそらくハンドルを切り損ねたかなんかだろうが)中央分離帯に衝突する事故を起こし、追い越し車線に車を止めて降りたところに後続車がやってきて…、と次々と起こってるのですからねえ。まあ、一般道と違って高速道路というのは時速100km以上で走行する車、なんてよくありますからすぐには停まれないのは分かっているのですが、例えば中央分離帯で事故を起こしていなかったら、あるいはもう少し車から降りるのが遅かったら、と思うとこの事故は起こらなかったのではないか、と思うのですが。

この事故の後、芸能界から多数の追悼コメントが寄せられているようですが、それだけ好かれている準物だった、ということになると思いますし、37歳という若さだったことやバンド活動がようやく波に乗りそうだったことを考えるとやはり今回の事故は不幸という言葉では言い表せないような事故だと思いますし、やはりこういった形でこの世を去ってしまうというのは残念ですよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いろいろと最悪のタイミングが重なったようで。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる