管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 期待はされていたんだけどねえ

<<   作成日時 : 2013/10/02 19:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

10月1日からプロ野球の第1次戦力外通告(レギュラーシーズン終了の翌日まで。第2次もあり、こっちはクライマックスシリーズ全日程終了翌日から日本シリーズ終了翌日まで、日シリ出場チームは終了5日後まで)が始まったとかでDeNAのラミレス選手や森本稀哲選手、西武の嶋選手や阪神の林威助選手といったところが戦力外通告を受けたようですが、この選手も戦力外通告を受け、引退を決意したようですね。

「【巨人】怪物156キロ左腕・辻内、引退 けがに泣いた8年間、1軍登板ないまま」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131001-00000200-sph-base
「【巨人】実戦復帰も120キロ台、夏に引退を決断…辻内に聞く」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131001-00000202-sph-base

156kmの速球を投げる本格的左腕として2005年に当時の高校生ドラフト1位指名を受け、鳴り物入りで巨人に入団した辻内投手でしたが、入団後は怪我に泣かされたようでなかなか1軍に上がれず、昨年プロ7年目でようやく1軍登録されたものの結局1球も投げることができないまま野球人生を終えることになってしまったようですが、今年の実戦で直球が120kmしか出なかったというのですからはっきり言ってプロの球ではないですよね。

いや、これは何も巨人に限った話ではないのですがドラフト1位の鳴り物入りで入団しながら結局プロでは芽が出ずに数年で引退してしまう、なんて選手はこれまでにも数多く存在したのですが(関西の某球団なんて活躍したドラ1が少ないくらい)、もちろん本人が首脳陣から過大評価されていたという部分もあったのかもしれませんが、辻内投手のようにキャンプなり、練習中に負傷してしまってその怪我の治療が長引いてしまって結局本来の実力が出せないままだったなんてこともあったのかもしれませんね。辻内投手はプロ2年目の2007年にひじを痛めて手術を受けたということですから、もしかしたら高校の時からひじに負担をかける投球をしていたのかもしれませんね。

まあ、プロ野球選手というのはその野球人生において負傷してしまい、長いこと戦線離脱するなんてことは珍しくないかもしれませんが、身体が資本なのですから、やはり怪我の少ない、そして選手生活を長く送れるような選手になってほしいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
期待はされていたんだけどねえ 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる