管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 今の阪神に必要なのはなんなのか。

<<   作成日時 : 2013/09/28 19:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

レギュラーシーズンもいよいよ大詰めとなり、どの球団も残り試合がわずかとなり、来年に向けての取り組みも始まっている球団もあるようですが、そんな中、毎年恒例というかなんというかの「大物獲り」に向けての調査を始めたようですね。

「【阪神】涌井の獲得調査へ 球団首脳「先発もリリーフも整備必要」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130928-00000010-sph-base
「阪神「5億出しても」超大物獲り!ヤンキースからリストアップ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130928-00000077-spnannex-base

今年の6月国内FA資格を獲得した涌井投手に関してはロッテやDeNAも気悪徳に乗り出すという話もありますし、他にも阪神は韓国プロ野球のサムスン・ライオンズの呉昇桓(オ・スンファン)投手の調査を進めているということですが、なんかここ数年の阪神は大砲候補の外国人選手や元日本人メジャーリーガーを獲得七得るので巣がなんかうまく機能していないような気がするんですよね。

いや、去年の5位という成績から見れば今年の2位という成績は立派だと思いますが、それでも終盤は巨人に独走されて優勝でしょう? もし阪神の獲得した選手が普段通りの活躍をすれば十分優勝を狙える戦力だと思うのですが、なんだかそれがうまく機能していないような気がするし(そうでなければ今年入団したコンラッド選手のように打率.175、本塁打・打点ともに0なんてことにはならなかったと思う)、阪神の場合はなんかここ数年は目先の結果ばかりを求めているような気がするんですよね。確かにチームの欠点を補うような的確な選手の補強はするのが普通ですけれど、それと同時に3年5年を見据えた若手の育成をしなければいけないのではないか、という気もするのですが。

ですからこう考えると阪神(に限った話ではないが)に必要なのはMLBの成績云々ではなくて日本野球にどれだけ対応できるか、そしてこれから数年間チームの主砲として活躍できる選手であるかどうかといったことが重要になるでしょうね。
まあ、確かにチームにとって助っ人というのは実際に見てみるまでどうなるかわからない存在ではあるのですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今の阪神に必要なのはなんなのか。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる