管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たしてどこが指名するやら

<<   作成日時 : 2013/09/27 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、球団創設9年目にして楽天がパ・リーグ初優勝をしたことでセ・パ両リーグとも優勝決定、CSもセが巨人・阪神・広島、パは楽天とロッテが確定、あとは西武とソフトバンクの争いとなりましたが、ご存知の通り、日本シリーズの前にはドラフト会議が行われるのですが(今年は10月24日)、おそらく今年のドラフトの目玉であろう神奈川県の桐光学園の松井裕樹投手がドラフトで指名されるために必要な「プロ志望届」をきょう提出したそうですね。

「桐光学園・松井、国内プロ志望を表明 12球団OK」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130927-00000040-dal-base
「桐光学園・松井、プロ入り表明「幼い頃からの夢」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130927-00000075-sph-base

今年のプロ野球は藤浪投手や菅野投手、大谷選手をはじめとした1位指名はもちろん、ヤクルトの小川投手やDeNAの三嶋投手といった2位指名、3位指名といった新人がかなり活躍したことで「当たり年」と呼ばれたようですが、今年のドラフトは昨年と比べるとこれといった選手が少ないという話だそうですね(済美の安楽投手や甲子園優勝投手だった中央大の島袋投手は来年指名になるわけだし)。
今年は春夏とも出場はかないませんでしたが、それこそ2年の時から注目されていた投手ですからはたしてどれだけの球団が指名するか気になりますが、球団側も指名するしないは自由ですからね。

昨年のドラフトの例でいうと藤浪投手が4球団、ソフトバンクの東浜投手が3球団、楽天の森投手が2球団、残り3球団が単独指名(巨人の菅野、日本ハムの大谷、中日の福谷)ということを考えると管理人多くても5〜6球団くらいなのではないか、と思うんですよね。実際別の報道を見てみると、1位指名候補にしていた巨人が競合で外れた場合のリスクを考えて他の選手を指名する可能性がある、という記事もありますし、やはり即戦力をとるか、将来のエース候補をとるかといったことを考えるとどっちを優先するか(例を挙げれば菅野投手が高卒だったら巨人は2年も続けて指名したか、ということになるし)、ということにもなりますからね。

まあ、いずれにせよ今年のドラフトの注目株の一人であることには変わりがありませんから、はたして何球団指名して、どこが獲得するのか注目したいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たしてどこが指名するやら 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる