管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 2か月で2度も入るとは…

<<   作成日時 : 2013/05/28 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年、14年間所属した阪神タイガースからメジャーリーグのシカゴ・カブスに入団した藤川球児投手ですが、ここまで1勝1敗、防御率5.25と阪神時代の活躍を知っているファンとしてはちょっと物足りない成績のように思えますが、その藤川投手が自身2度目の故障者リスト(DL)いりをしたようですね。

「藤川が再びDL入り カブスは救援右腕を緊急補強」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000211-mlbjp-base
「球児は最悪手術の可能性も 米メディアが報道」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000541-sanspo-base

藤川投手のDL入りは2度目と書きましたが、前回は4月13日から今月の10日、とほぼ4週間ということを考えると、GMの言うような「楽観的に考える」というわけにもいかず最悪の場合手術が必要ということですから、場合によっては今シーズンを棒に振ることになるわけですよね。
まあ、藤川投手はまだMLB1年目ですから、メジャーのグラウンドやボールといったものに不慣れなところもあって本来の実力が出し切れていないのかもしれませんが、それにしても管理人思うのですが、こういった日本人メジャーリーガーというのはこういったDL入りする選手が多くて中には(インディアンスの松坂投手のように)シーズンそのものを棒に振ってしまう選手もいますよね。

上にも書きましたけれど、メジャーのグラウンドやボールに不慣れな面があるのも間違いがないでしょうが、松坂投手のように何年もMLBに所属していながらDLリスト入りしてしまうのはやはり日本とアメリカでは調整の仕方が全く違うということになるのでしょうか? まあ、日本とアメリカでは試合数も違うし、移動だって日本の何倍もの距離ですから、日本には日本の、アメリカにはアメリカの調整法というのがありますからいつまでも日本流の調整ではなくアメリカ流の調整になれなければいけない、ということになるのでしょうか? もちろんMLBから日本に戻ってきた選手の中には故障がちで以前の活躍ができなかった、という選手も多いのですが。

いずれにせよ今回の藤川投手の故障がGMの言う「楽観的」であってほしいし、故障を直して早くメジャーのマウンドに戻ってきてほしいとは思いますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2か月で2度も入るとは… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる