管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS ずいぶんと声も大きいようで…

<<   作成日時 : 2013/05/25 19:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「相澤会長が死去 聖子「あまりの悲しみ…言葉にならない」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130525-00000015-spnannex-ent
「涙で「今、森田健作があるのは相澤会長のおかげです」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130525-00000018-spnannex-ent
「のりピー「痛惜の念」 2日前に相澤さんへ謝罪の手紙送っていた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130525-00000062-spnannex-ent

いや、おととい「サン・ミュージックの相澤会長が死去した」というニュースを聞いて写真を見たとき「あれ? それじゃ酒井法子の覚せい剤騒動の時記者会見に出てきた『相澤さん』は誰だ?」と思ったんですが、よくよく考えたらあれは長男の正久社長だったんですね(苦笑)。

まあ、それはそうとサン・ミュージックというのも記事を見てみると有名タレントをかなり世に送っている事務所(それこそ今のジャニーズ事務所なんかのように)でその事務所所属1号タレントというのが森田健作千葉県知事というのにも驚きましたね。
もちろんそれだけ有名タレントを抱えているといろいろと問題もあったようで最初に書いたように4年前には酒井法子の覚せい剤騒動があったし、1986年の岡田有希子の自殺はトップアイドルの自殺、という所属していたサン・ミュージックのみならず芸能界そのものに衝撃を与えましたからね。それでもそういった悲しみを乗り越えてここまでの事務所にしたのですからその功績はたたえるべきでしょうね。

それに現・元問わずに所属していたタレントからはその死を悼む声が多いな、というのも管理人は感じましたね。記事を見てみるとこの相澤会長という人は自分たちの所属タレントを家族同様に扱っていて一般的な常識も教えたとかいう話ですから(まあ、千葉県知事が出るくらいだしね)、やはりそういった父親的な部分がタレントたちに好かれていたのかもしれませんが。

これからもサン・ミュージックは数多くの所属タレントを抱える芸能事務所として発展を続けることが会長の願いだったでしょうし、実際そうなると思いますが、社員のみなさんやタレントの方々もこれからも会長の意思を受け継いでほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ずいぶんと声も大きいようで… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる