管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 日米でこういう計画があるのね。

<<   作成日時 : 2013/05/02 20:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで5月5日に長嶋茂雄巨人終身名誉監督とともに国民栄誉賞の受賞セレモニーと引退セレモニーと東京ドームで行うことが決まっている松井秀喜元選手ですが、その引退セレモニーを3日後に控え、だんだんと内容が明らかになってきているようですね。

「松井氏が投手、長嶋氏は打者…審判に安倍首相」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20130502-OYT1T01160.htm

ちなみに始球式のキャッチャーは原監督が務めるそうですが(余談だが、アメリカの始球式の捕手役はチームから選ばれるため、今回のように本業の捕手がやるとは限らないのが特徴。ついでにバッターも立たないのでただ投げるだけ)、もし国民栄誉賞の受賞が決まってなかったら安倍首相は来たのかどうかはわかりませんが、それはそうと、どういったセレモニーになるのか3日後が楽しみですね。
で、その松井氏が所属していたニューヨーク・ヤンキースがこんな計画を立てているようですね。

「松井と1日だけ契約…ヤンキースが引退式を計画」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20130430-OYT1T00204.htm

松井氏がヤンキースにいた最後の年の2009年に日本人初のワールドシリーズMVPに輝いたこともあってか、ヤンキースは松井氏がチームを離れた後でも昨年の引退表明で彼を讃える声明を出すといったような異例の措置をとっていたのですが、実は巨人とヤンキースは業務提携を結んでいる球団同士ですからね。引退後は両球団が話し合っていずれ指導者として戻ってきてもらうためにマイナーの指導者の椅子を用意しているという話も聞きますが、いずれにせよヤンキースにとっても「ヒデキ・マツイ」という存在がどれだけ特別なものだったか、ということになるかもしれませんね。
まあ、このプランについて本人がどう思うかはちょっとわかりませんがいずれにせよ何らかの形で引退セレモニーをやることだけは確実であろうことは間違いがないでしょうね。

こう考えてみると日米双方でこれだけ足跡を残した選手というのも数少ないのかもしれませんね。


松井秀喜の言葉
廣済堂出版
鷲田 康

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 松井秀喜の言葉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日米でこういう計画があるのね。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる