管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS まだこんなにいたとは。

<<   作成日時 : 2013/02/22 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ネットを使って動画を見る方法で一番安全な方法といったらYouTubeやニコ動、デイリーモーションと言った動画投稿サイトで見ることですが、ご存じのとおりこれらのサイトはテレビ番組を録画したのをそのままUPするのは禁止されています(最近は「公式チャンネル」を開設しているところもあって、「第1話のみ無料」とか「UP後一定期間無料」といった動画もありますが)。そういうこともあってか、違法であることを承知してかどうか知りませんが、ファイル共有ソフトを使ってアニメやドラマを見る、という行為が後を絶たないようですが、こんなことがあったようですね。

「共有ソフト悪用、一斉摘発=「神」「職人」の容疑者も―著作権法違反で27人逮捕」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130222-00000115-jij-soci
「テレビアニメなどネットに違法公開、27人逮捕」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130222-OYT1T01161.htm

それにしても全国で27人というのはずいぶんと多いな、という気がしますが、確かのこの手の問題ってWinMXとかWinnyといった共有ソフトがあったころから問題となっていて(それに付随して個人情報流出やウィルス感染、といったのもあったが)、Winnyの製作者が逮捕される事態にまで発展しましたが、それで一時期下火になったかな、と思っていたのですが、まだまだこういった騒動が起こっていたようですね。
確か昨年10月の著作権法改正で、違法と知りながらUPされた動画をダウンロードすることも違法となりました(これに関してはまだ議論の余地があると思うが)が、それでもこういった騒動が起こるのはやはり「見たい」という人間の欲求があるからなのでしょうか?
確かに最近のTVアニメは東京のキー局で放送されるのは少なく、独立局とかCSでしか見られないというのも数多くありますからね。ですけれどこういった騒動が起こらないように例えば動画投稿サイトで公式チャンネルを作って放送終了後に(たとえば放送後1週間無料、そのあとは有料といった形で構わないので)公開するとか、あるいは深夜枠でいいから地上波で放送できるように時間枠を確保する、といったようなもっと大勢の人が目にすることができるような工夫も必要なのではないか、と思うのですが。

いずれにせよTV離れが叫ばれる昨今、アニメの制作会社はもっと頭を使う必要があるのかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まだこんなにいたとは。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる