管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 再び人気が出るかどうか

<<   作成日時 : 2012/09/07 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

1990年代に二人の料理人がある一つの食材をベースに料理をしてその腕を競う、という内容で大ヒットし、その後似たような番組があちこちの局で制作された、と言ったらご存じの方も多いと思いますがフジテレビ系列で放送された「料理の鉄人」ですが、このたび13年ぶりに「アイアンシェフ」というタイトルで復活するそうですね。

「『料理の鉄人』が13年ぶり復活 『アイアンシェフ』としてフジに凱旋」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120907-00000302-oric-ent
「<料理の鉄人>13年ぶり“復活” 10月からレギュラー放送」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120907-00200005-mantan-ent

なんでも「料理の鉄人」は2004年からアメリカの会社が番組フォーマットを購入して世界80か国で放送されている、という話だそうですが、調べてみると日本では6年間の放送だったんですね。その間にいろいろな「鉄人」が有名になったり、この手の「料理対決」が各局で行われたことから見てもこの番組が果たした役割はかなりのものがあると思いますが、ただ別の見方をするとはたして13年前の人気が取り戻せるかどうか、というのも気になるんですよね。

というのもまずは放送時間が金曜日の夜7時57分〜8時54分ということですけれど、フジテレビの例でいうと「トリビアの泉」とか「ボキャブラ天国」シリーズのように「深夜枠やプライムタイムで人気があった番組が視聴率を期待されてゴールデンに移った途端ダメになった」という例が多々ありますからね。まあ、深夜枠やプライムタイム枠の視聴者とゴールデンの視聴者では年齢層も違うでしょうから枠にあった番組作り、となると全く違う1本の番組を作るのと同じだと思いますし、それよりなにより13年前と違って今はテレビ番組ではワイプやらテロップやらを多用することが多いですからね。そういった余計な「過剰演出」が加わって番組そのものの質が落ちやしないか、という気にもなりますが。

まあ、もちろんテレビが地上波デジタルに移行し、インターネットが普及している、ということもあって13年前では一般的ではなかった「視聴者投票」によって勝敗を決める、なんてこともできるかもしれませんが、果たして夢よ再び、となるかどうか気になりますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
料理の鉄人、復活
昨日も、ジャイアンツは打線爆発でヤクルトに勝ち、マジックを13に減らし、CSにも出場が決まった。よかった、よかった。いまは、打線が好調で、先発投手が先に崩れなければ、必ず勝つような気がする。 ここにきて、松本も調子をあげてきたし、昨日は、矢野が固めうちをしたが、いまは誰が出ても結果を出すので、頼もしい。ただ、村田が一人絶不調なので、村田が打ち出せば、もっと点が入るし、楽に勝てる気もする。 頑張れ、ジャイアンツ、頑張れ、村田! そういえば、ニュースを見ていたら、歌手の松山千春がついに衆... ...続きを見る
気ままな毎日
2012/09/09 06:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
再び人気が出るかどうか 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる