管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 時差があるとは言えねえ…

<<   作成日時 : 2012/09/20 20:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

現在オリンピックの放送というのは夏季大会も冬季大会も「ジャパンコンソーシアム」といわれるやり方で、まずNHKと民放が共同で放送権を買い取って、その後各局に放送する競技を割り当てる、という方法をとっているのですが(そのため、NHKのアナウンサーが民放で実況をやったり、逆に民放のアナがNHKで実況をやったりする)、もともとこれは1980年のモスクワオリンピックでテレビ朝日が独占放送権を獲得しながら日本が不参加となってしまったため、放送規模を縮小し大赤字を出してしまったことがきっかけだったようですね。
で、このたびのロンドン五輪はどうだったか、というと…

「時差でCM収入が…民放ロンドン五輪放送は赤字」
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120920-OYT1T00988.htm

まあ、日本とロンドンの時差は(ロンドンがサマータイムを敷いているので)8時間あってオリンピックの決勝競技というのはたいてい夜にやるものですから、現地が夜8時に決勝種目をやったとしたら日本は午前4時という早朝ですからね。まあ、陸上くらい何とかできるものですが、中には昼に決勝が行われる競技もありますから日本ではそれこそ深夜0時とか1時という時間にぶつかってしまうこともあるわけで。となるととてもじゃないけれど、そこまで見てはいられない、という視聴者が多かったかもしれませんね。

最近オリンピックというのは(このことに関しては批判もあるようですが)とにかく大会一つを運営するのにも莫大な費用が掛かりますからね。そうなると少しでも利益を出すためにテレビ放映権料とかも高くせざるを得ないと思うのですが、このままだと放映権料が高くなりすぎて一部の先進国以外では放映権料が買えなくなってしまってせっかく自国の代表選手が出ているというのにテレビで応援できない、という事態にもなりかねないような気がしますが。オリンピックは4年に一度の世界的なスポーツイベントなのですから、やはり世界中のだれもが自国の代表を応援したいだろうし、放映権料の見直しなども必要になってくるかもしれませんね。

ちなみに2014年の冬季大会が開催されるロシアのソチは時差が5時間で、冬季の屋外競技は夕方5時ごろまでには終わりますから日本では昼2時頃〜プライムタイムの放送となりますが、2016年夏季のリオデジャネイロは時差が12時間だから決勝種目はたいてい朝〜昼間に放送されることになりますが…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
時差があるとは言えねえ… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる