管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 今の音楽番組に必要なものは何だろう?

<<   作成日時 : 2012/09/18 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「フジ「HEY!HEY!HEY!」18年の歴史に幕 年内で終了」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120918-00000041-spnannex-ent
「HEY!HEY!HEY!年内で終了…“金属疲労”による「打ち切り」は否定」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120918-00000015-dal-ent

確か同じダウンタウンの番組で同じフジテレビで放送していた「ごっつええ感じ」が(松本人志の「ああいう形」で打ち切りとなってしまったとはいえ)6年でしたからその3倍の年数をやっていたわけですね。
その間に(今は歌手、というか芸能活動を休止していますが)宇多田ヒカルが初めてテレビに出た番組とか、番組内で浜田雅功と小室哲哉が組んだ「H jungle with t」が紅白歌合戦に出場したり(ちなみにダウンタウンの二人はRe:JAPANのメンバーとしても紅白にも出ている)、とまあいろいろと番組を振りまいていたこともありましたが、最近は視聴率が一桁に落ちることもあったという話ですね。

管理人ちょっと調べてみたんですが、最近のHEY!×3は「顔ぶれが同じ」「韓流の歌手ばっかり出ている」という話を聞きますね。
まあ、フジテレビに関しては最近「韓流のゴリ押しがひどい」という意見を聞きます(管理人もそれに関しては意見がありますが)が、今回はそれを切り離して考えても、逆を言えば「今の日本では音楽番組というのは作りづらいんじゃないか」という気がするんですよね。
まあ、全般的にCDの売れ行きが落ち込んでるという話を聞きますし(だからと言ってダウンロード販売が飛躍的に売れるという話も聞かないし)、別にテレビに出なくてもヒットを次々と出している歌手も多いですしね(だからと言って管理人は「テレビは出ない、ライブもやらない、顔出しもしない」というGReeeeNには否定的だが。そんな考えならばはっきり言って音楽活動をやめてほしい)。それにファンも音楽に関しては「広く浅く」というよりも「狭く深く」といったような感じがするんですよね。

ですから今の世の中というのはテレビで音楽番組というのはこう言ってはなんですが視聴者のニーズに合っていないのではないか、と思うんですよ。
もちろんこんな状況がいいとは思えませんから、テレビ局は何とか知恵を絞ってまた視聴者が見てみたい、と思う番組を作ってほしいものですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今の音楽番組に必要なものは何だろう? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる