管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 大事に至らなくてよかったけれど。

<<   作成日時 : 2012/08/03 20:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日横浜スタジアムで行われたプロ野球・横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープの試合で9回表に打席に立った広島の会澤翼選手が顔面にデッドボールを食らって病院に搬送された、というニュースは野球ファンに衝撃を与えましたが、一晩たった今日今日診察結果が出て、鼻骨骨折で全治3〜4週間ということだそうですね。

「ハマスタ騒然!打席から救急車搬送…会沢、顔面死球」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120803-00000004-spnannex-base
「広島・野村監督、顔面死球を受けた會澤の恐怖心を心配」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120803-00000017-spnavi-base
「広島・會澤は「考えられる範囲で一番軽い」と石井トレーナー」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120803-00000018-spnavi-base

昨日の試合に関してはスカパーやニコ生(DeNA,ソフトバンク、楽天の主催試合を放送)で見た、という人もいると思いますし、早速死球の場面がYouTubeやニコ動に上がっているようなので見た人も多いと思いますが(管理人もその一人)、ヘルメットのひさしに割れ目が入っていた上に当の会澤選手が10分以上倒れていたのですから、その衝撃のすごさがわかろうかというものかもしれませんね。これだけの衝撃にかかわらず鼻骨骨折で済んだのはおそらくヘルメットに一度当たってから、鼻骨にあたったからでしょうから、もしこれがヘルメットにあたっていなかったらおそらく選手生命どころか会澤選手の生命そのものにかかわっていたかもしれませんね。

考えてみればプロ野球というのは硬球が150km位の速度で打者に飛んできますからね。いくらヘルメットやレガースで防御しているとはいえ、一歩間違えればこういうことが起こってもおかしくないのですし、こういうことが起こってしまうと後味の悪さしか残りませんからね。結果的に試合はDeNAが勝ったもののヒーローインタビューや中畑監督の試合後インタビューがなかったことからも選手たちが受けたショックは相当なものかもしれませんね。

確かにスポーツというのは大なり小なりの怪我が付き物だとは思いますが、やはりこういった大きな怪我がないようにしてほしいと思いますし、今は一日も早く怪我を完治させて会澤選手が一軍に戻ってくることを願いたいと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大事に至らなくてよかったけれど。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる