管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 何のための5年契約だったんだろう?

<<   作成日時 : 2012/03/28 20:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで昨日の話の続きみたいなものですが、本日4年ぶりとなるMLB日本開幕戦、アスレチックス対マリナーズが行われていますが、自分の実力を試すために海を渡る選手もいれば、夢破れて日本に戻ってくる選手もまたいるようで…

「井川、オリックスへ…6年ぶり日本球界復帰」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20120328-OYT1T00137.htm
「オリックス井川「恩師・岡田監督の下で優勝を」」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20120328-OYT1T00651.htm

井川投手と言ったら阪神時代はエースとして活躍し、沢村賞も獲得したことのあって、その成績を引っ提げて2006年にポスティングでヤンキースに移籍したものの、通算成績は2勝4敗と大きく期待を裏切る結果となってしまいここ3年間はメジャーでの登板がなしだった、というのですからヤンキースとしても随分と高い買い物をしてしまったようですが(そういう意味では今年ヤンキースに移籍した黒田投手はいい買い物だったかも)、井川投手としてもいったい5年間はなんだったのか、という気もしますよね。
本人の契約時に「トレード拒否条項」(それを利用して上原投手はブルージェイズへのトレードを拒否したんだし)があったのかどうか知りませんが、もしあったとしたらそれを破棄してでも他球団に活躍の場を求める、という方法もあったと思うのですがあくまでも本人は「投げるのならヤンキース」というこだわりがあったのでしょうかね? そして本人はアメリカでのプレーを希望していたという話ですが、ただでさえMLBでは松井秀喜選手をはじめとして落ち着き先が決まっていない大物FA選手が多いという話ですから、井川投手クラスとなるとマイナー契約でもちょっと厳しいのではないか、という気もしますが。

まあ、いずれにせよオリックスの監督は阪神時代の監督だった岡田監督ですし、32歳という年齢を考えるとまだまだ十分に活躍できると思いますから、オリックスの一員として今までの分を取り返すくらいの活躍をしてほしいと思いますし、ほとんど投げる機会がなかったとはいえヤンキースの5年間が決して無駄ではなかった、ということを証明してほしいと思います。


メジャー・リーグ30球団選手名鑑+球場ガイド 2012年版 (B・B MOOK 803)
ベースボール・マガジン社
2012-03-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メジャー・リーグ30球団選手名鑑+球場ガイド 2012年版 (B・B MOOK 803) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何のための5年契約だったんだろう? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる