管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS はたして予測通りにいくか…

<<   作成日時 : 2012/02/09 20:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

日本では2月1日に一斉にスタートということもあって、プロ野球の春季キャンプの話題が毎日入ってきていますが、海の向こうのメジャーリーグはチームによって、さらにはポジション(大抵は投手チームと野手チームに分かれる)によってもキャンプインの日が違っているので、これからキャンプインというところですが、今年からレンジャーズに移籍したダルビッシュ投手に対してこんな予測が出ているようで…

「「ダル16勝可能」…松坂超え、統計学的に予測」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20120209-OYT1T00836.htm

まあ、上の記事で一つだけ言っておくと野茂投手がデビューした1995年は前年の7月から続いていたストライキの影響もあって開幕が5月半ばで試合数も少なかったですからねえ。単純比較はできないのではないか、という気もしますが、まあそれはそうと、上の記事の主な投手のメジャー1年目の成績欄を見てみると、勝ち越している5人(野茂、伊良部、松坂、石井一久、高橋尚成)のうち、勝ち越し数となると野茂の7勝が最高で、松坂ですら3勝(15勝12敗)、伊良部に至っては1勝(5勝4敗)ですからね。そう見てみると松坂にせよ、伊良部にせよメジャー1年目というのは相当苦労しているんじゃないか、と管理人は思うのですが。

まあ、理由を考えてみれば日本プロ野球とMLBではいろいろ道具にせよグラウンドにせよ違いがあると思うのですが、やはりいきなり環境が変わってしまったこともあってMLBに慣れるのに時間がかかってしまうのではないか、という気がするんですよね。
もちろんダルビッシュ投手は16勝できる位の実力はある、と管理人は思うのですが、それは日本でやっていたころと同じくらいの力を発揮できれば、という条件がつくと思うんですよね。まあ、これはあくまでも統計学的な予測ですから、果たして予測通りにいくかどうかは実際にシーズンが開幕してみなければわかりませんが。

まあ今年もダルビッシュ投手のほか和田投手やチェン投手(オリオールズ)、岩隈投手(マリナーズ)といった面々が海を渡ってMLBに挑戦します。やはりダルビッシュ投手が話題になるのは仕方がない部分があるのかもしれませんが、他の投手もダルビッシュ投手に負けないくらいの活躍をしてほしいと管理人は思います。


メジャーリーグ完全データ選手名鑑2012
廣済堂出版
村上 雅則

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メジャーリーグ完全データ選手名鑑2012 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はたして予測通りにいくか… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる