管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS メジャーリーグの話題あれこれ。

<<   作成日時 : 2012/01/05 19:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ヤンキースの独占交渉権、期限迫る…中島が渡米」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20120105-OYT1T00943.htm

ポスティングにより、ヤンキースが落札した西武の中島選手ですが、交渉に進展が見られないようで、はたしてヤンキース入りとなるのか、はたまた西武残留となるのかファンとしてももやもやしている部分があると思いますが、その中島選手が渡米したようですね。
その渡米の目的がはっきりしないようですけれど、ただ交渉期限が日本時間の7日朝に迫っていますから、おそらくこれが最後の交渉の機会だと思いますし、中島選手としてもいつまでも宙ぶらりん、というわけにはいかないでしょうからねえ。ただ、昨年の岩隈投手のように歩み寄りのないまま交渉終了、という事態も十分に考えられますからとにかく最後まで気が抜けないでしょうね。
一方、テキサス・レンジャーズが落札したダルビッシュ投手はまだちょっと余裕があるようで…

「ダルビッシュ、レンジャーズの本拠地を訪問」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20120104-OYT1T00292.htm

今日現在でレンジャーズとの交渉がどのくらい進んでいるのか、管理人はちょっとわかりませんが、本人がレンジャーズの本拠地であるテキサス州アーリントンを訪問した、ということはおそらく入団に前向きであることは想像できますし松坂投手を上回る5170万ドルという額で落札された、ということはそれだけレンジャーズの期待も滝であろう、ということですから何とかまとまってほしい、と思っているファンも多いのではないでしょうか?
で、最後に一つ気になる記事を。

「「世界ドラフト」が始動、大リーグが検討委設置」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20120104-OYT1T00998.htm

もし「世界ドラフト」が実現する、となると日本人選手もその対象となることが十分に考えられますが、だとしたら日本プロ野球のドラフトで指名された選手は指名できるのか(希望球団に入りたいために日本のドラフトで入団を拒否して、メジャーのドラフトで指名された球団に行く、ということも十分に考えられるわけだし)、もしドラフトで指名された選手が渡米して帰国した場合の扱いはどうするのか(現在、NPBでは「日本のプロ野球経験なしで外国の球団に入団した場合は帰国後2〜3年間日本球界でプレイできない」という規則がある。レッドソックスの田沢がその例)、といった問題が山積みですからね。どうもメジャーリーグ機構というところは「他国の野球事情を無視して自分たち(MLB機構)中心に話を進めたがる」悪い癖がありますから、他国の野球事情も十分に組んだうえで検討してほしいと思います。

以上、メジャーリーグについて管理人が気になった話題でした。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メジャーリーグの話題あれこれ。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる