管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS はたしてもう一花咲かせられるだろうか。

<<   作成日時 : 2012/01/31 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日のブログで中日とDeNAのユニフォームについてあれこれと書いたら今日は阪神タイガースが新ユニフォームを発表したようで(^^;。
簡単に感想を言わせてもらうと、ホーム・ビジターともに首から脇にかけてのラインは楽天のユニフォームのようにもうちょっと細くするか、あるいはヤクルトのユニフォームのように肩のあたりまで上げたほうがもう少し見栄えが良くなったのでないかと思うのですが…。
で、今日の本題。

「中日、川上憲伸と単年契約…背番号は「11」に」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20120131-OYT1T00990.htm

今から3年前の2009年にメジャーリーグ、アトランタ・ブレーブスに入団した川上憲伸投手ですが、所属していた3年間で8勝22敗、と本人としても不本意の成績に終わってしまい(しかもそのうち7勝が2009年だもんなあ)、しかも昨年は右肩痛もあってか、一度もメジャーに上がれず2Aで投げていた、というのですから日本を離れる前と比べると随分と落ちてしまったな、という気もしますね。
しかも2008年の年俸が推定3億4000万円だったのが、今回3000万+出来高払いの単年契約というのですからねえ。スポーツに「タラ」「レバ」は禁物ですけれど、もしブレーブスに行かずに中日に残っていたら…、と思っているファンも多いのではないでしょうか。
まあ、管理人は個人的には「日本プロ野球にもメジャーにもにも日本でのプレイが向いている選手、MLBでのプレイが向いている選手がそれぞれいる」と考えていますから、川上投手はどちらかというと二本無機の選手だったかもしれませんね。

まあ、本人は中日でのプレイを希望したのだし、年齢も36歳と現役として活躍できる年もそんなに残っていませんからね。往年のようなピッチングは無理かもしれませんけれど、右肩の状態によっては10勝前後は期待できるかもしれませんね。
MLBから日本に戻ってきてチームの中心選手として再び活躍している選手もいれば、あまり活躍できていない選手もいますが、何とかもう一花咲かせてほしいと管理人は思っています。


中日ドラゴンズ論 (ベスト新書)
ベストセラーズ
今中 慎二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中日ドラゴンズ論 (ベスト新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はたしてもう一花咲かせられるだろうか。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる