管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たしてこれで1年間大丈夫なのだろうか?

<<   作成日時 : 2012/01/10 19:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで去る8日に始まったNHK大河ドラマ「平清盛」ですが、早くもこんな話題が出てきているようですね。

「大河「平清盛」の初回視聴率、歴代ワースト3位」
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120110-OYT1T00323.htm
「薄汚れた画面…大河「平清盛」を兵庫知事が批判」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120110-OYT1T01017.htm

ちなみにワースト1位は何かというと1989年に放送された「春日局」の14.3%だそうですが、アレは第1回の放送日がよりによって1989年の元日(つまり「昭和最後かつ唯一昭和64年に放送された」大河ドラマになる)という事情もありましたからねえ。その部分も引いて考えないといけないでしょうが、それはそうと「平清盛」の主演の松山ケンイチと言ったら最近男児が誕生して父親になった、ということで話題性は十分だと思いますが、それが必ずしも視聴率には結びつかない、ということになるのでしょうか?

それに大河ドラマと言ったらどうしても戦国時代とか江戸時代(といっても「幕末もの」はイマイチのようだが)が舞台の作品に人気が集中して(それが証拠に平均視聴率歴代トップの「独眼竜政宗」は39.7%を叩き出している)、今回のような平安時代とか鎌倉時代ものと言ったらあまり人気がありませんからね。まあ、確かに平清盛と言ったら日本史に詳しくない人でもその名前くらいは知っていると思うのですが、その時代背景と言ったらあまりよくわからない、という人も多いのではないでしょうか?

それに気になるのが下の記事の兵庫県知事の批判ですよね。過去の作品を見ても分かる通り、大河ドラマの舞台に選ばれる、ということは1年間全国に存在をアピールできる、というのと同じになるのですから、ご当地としてもそれだけ大河ドラマを応援していく、ということになるのですが、第1話で知事にそっぽを向かれてしまう、というのではこの先1年間大丈夫なのか、ということになると思うのですが。

まあ、とはいえ大河ドラマは1年間放送するのですし、まだまだ始まったばかりですから、これからいくらでも挽回できると思いますので、今年の終わりには「いい作品だった」と言われるようにしてほしいですね。


平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
2011-12-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たしてこれで1年間大丈夫なのだろうか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる