管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS はたして何人が成功するやら。

<<   作成日時 : 2011/12/08 19:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここの所毎年のように今の時期になるとプロ野球界ではFA移籍やらMLB挑戦やらが話題になりますが、なんだか今年は多くの選手がMLB挑戦のためポスティングシステムを使っての移籍を表明しているな、という気がするのですが…

「西武・中島裕之内野手、ヤンキースが交渉権」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20111208-OYT1T00078.htm
「ダルビッシュ、入札制度利用し大リーグ挑戦」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20111208-OYT1T00726.htm

ほかにもヤクルトの青木選手や横浜の真田投手もポスティングを希望している、という話ですし、他にもFAになったソフトバンクの川崎選手や去年は交渉が成立せず楽天残留となった岩隈投手もFAになった今年は移籍するのではないか、と言われていますから、ここ最近にないくらい移籍市場が活発化していると思いますが、果たしてどれだけの選手がMLBで活躍できるのでしょうか?

まあ、ダルビッシュ投手くらいの実力があればおそらくMLBのどこの球団でも通用するとは思うのですが、中島選手の場合、ヤンキースは控えとして起用するという話ですし、マリナーズ入団を希望している川崎選手も控えだという話ですからねえ。日本人野手もここ数年で何人もの選手がMLB挑戦のため海を渡っていますが、今年のツインズの西岡選手を見ても分かる通り(怪我というアクシデントはあったにせよ)、どうもいまいち成績を残していない選手が多いですからね。日本ではトップレベルだった選手でもMLBに行けば同レベルの選手が一杯いますから、たとえばイチロー選手のように卓越したバッティングセンスを持ったような選手でなければやはりMLBでは(特に野手は)生き残れないような気がするんですよね。事実、楽天の松井稼頭央選手や岩村選手はMLBであまり活躍できずに日本球界に復帰していますし。

ですのでこれからMLBに挑戦しよう、という選手は日本で活躍できたからアメリカでも、などとは思わずにそれこそ最初から勝負の年、1戦1戦が大事だと思って、必死に自己をアピールして、何とか一人でも多くの選手がMLBでも活躍してほしい、と管理人は思っています。


メジャーリーグなぜ「儲かる」 (集英社新書 529A)
集英社
岡田 功

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メジャーリーグなぜ「儲かる」 (集英社新書 529A) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はたして何人が成功するやら。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる