管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 実力は未知数だけれどねえ。

<<   作成日時 : 2011/11/03 20:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということでここの所何かと話題の北海道日本ハムファイターズですが、菅野投手のドラフト指名に関しては本人がどう進むか今日の時点でははっきりしていないので、それがはっきりしてから(そう遠くない時期に決まると思うけれど)管理人の考えを述べたいと思いますが、このたび退任する梨田昌孝監督に代わって元ヤクルトスワローズの選手で現在はスポーツキャスターの栗山英樹氏の就任が決定したようですね。

「日ハム、栗山氏が監督就任を受諾」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20111103-OYT1T00496.htm
「日本ハム新監督に栗山氏 相思相愛…知人に「監督をやるなら日本ハム」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111018-00000011-dal-base

管理人が意外に思ったのが栗山氏ってヤクルトにいたのが1984〜90年のわずか7シーズンだけだったんですね。ということは当然のことながらスポーツキャスターとしての経験が相当長いことになりますし、その分外部から野球を見てきたとは思うのですが、果たして指導者経験のない栗山氏に監督が務まるのか、と思っている人も多いのではないでしょうか?

まあ、確かに今年まで中日の監督を務め、今現在クライマックスシリーズを戦っている真っ最中の落合監督も監督になるまで指導者の経験はありませんでしたし、引退してから解説者を経て指導者になる人も多いですけれど、野球に限らずスポーツというのは頭で考えているほどうまくいくものでもありませんからね。それにあくまでも試合をするのは選手であって監督ではありませんからね。自分の思い描いていた通りにうまくいかないことだって多いはずですから、そのときにどういった手を打つことができるか、その場で決めることも大切だと思いますし。

まあ、栗山氏も以前から指導者には興味を持っていたそうですし、栗山氏が現役最後の年の1990年というのはちょうどヤクルトが野村克也監督1年目の年でしたからね。1年間という短さだったとはいえ、野村ID野球を体験できた経験が果たしていかせるかどうか、栗山監督率いる日本ハムがどういった戦いを見せることができるかファンとしては注目でしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
実力は未知数だけれどねえ。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる