管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS いくら吉本興業でも…

<<   作成日時 : 2011/11/28 20:16   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

「「面白い恋人」は商標権侵害…「白い恋人」提訴」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111128-OYT1T00948.htm
「「面白い恋人」が商標権侵害=吉本興業に使用差し止め請求―「白い恋人」側が提訴」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111128-00000104-jij-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111128-00000023-jijp-soci.view-000

確か「白い恋人」といえば何年か前に賞味期限に関して問題を起こしましたが、今でも北海道を代表している土産物であることは変わりがないと思いますし、J2のコンサドーレ札幌のスポンサーであるほどですが、その「白い恋人」を販売している石屋製菓が吉本興業(およびその子会社)を相手にこんな訴訟を起こしたそうで。

下の記事の写真のリンクを見てみると確かにパッと目で似たようなパッケージですし、吉本興業側は「面白い恋人」を商標登録しようとしたところ「白い恋人」と同一との理由で認められなかったそうですが(ちなみに「白い恋人」は1980年に商標登録されている)、まあ、傍から見れば仕方がないかな、という気もしますが。

まあ、吉本興業というのはご存じのとおり大阪のみならず日本を代表するお笑いのプロダクションであることは変わりがないと思いますし、これまでもいろいろな業種に参入してきたんですよね。中には7号で休刊してしまった「コミックヨシモト」みたいな失敗例もありますが。
おそらく今回のそれも吉本興業から見ればシャレというかパロディみたいな感じで発売したのかもしれませんが、吉本興業の芸人だって北海道へ営業に行くことが多いでしょうし、それよりなにより吉本だって先の島田紳助の記事に対して週刊誌を提訴していることからもわかるとおり、法律に関しても詳しい顧問弁護士などもいるはずなのですから、「それはちょっと商標的にまずい」とでも言ったように止める人はいなかったのでしょうかね?

まあ、この裁判の行方がどうなるかちょっとわかりませんが、吉本興業とはいえやっていいことと悪いことがあると思いますし。ましてや今回のように商標権が絡むとなると「いったい吉本興業は会社全体としてのモラルはいったいどうなってるんだ?」と言われるのではないか、と思います。

そうでなくても紳助の引退騒動で吉本興業は大変な問題を抱え込んでいるというのに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
白い恋人が面白い恋人を提訴
ケツの穴が小さいとか言わんでくれ [恥/]まあ、オモロイからいいんじゃネーノとか思わんこともないけど、なんかギリギリの線で許せなかったんだろうな。吉本も勝手にパロってないで一言でも挨拶して仁義とおして... ...続きを見る
時々時事爺
2011/11/28 22:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いくら吉本興業でも… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる