管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 長く続くかそれとも…

<<   作成日時 : 2011/06/18 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

総選挙の結果が報道されたり、突如登場した「超大型新人」の「CG疑惑」が持たれたり、と何かとマスコミをにぎわせているAKB48ですが、その人気が日本だけではなく、海外にも飛び火をしているようで…

「AKB台湾店、開業3日で閉店&熱烈増床!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110618-00000018-dal-ent

管理人が最初聞いたのは「開店した店のフロアが安全基準を満たしていなかった」という事だったのですが、実際には「安全基準を満たしてはいたが、予想以上の来客で店が手狭になった」とでもいう事なのでしょうか? まあ、それはそれで結構なことだと思いますし、東京は秋葉原で生まれたアイドルグループが今やアジアにその人気を広げた、という事になるのかもしれませんね。

ただ実際問題としてこれらの人気が5年先、10年先まで続くか、と聞かれれば正直言って管理人「?」であることは変わりがありませんね。
その昔、AKBと同じ秋元康氏が仕掛け人となった「おニャン子クラブ」というグループがあって、(「夕ニャン」といった)テレビ番組で彼女たちの来ている服が「セーラーズ」という服飾メーカーがスポンサーになっていたこともあって、い一時期「セーラーズ」ブランドの服がバカ売れしてたんですけれど、おニャン子クラブとしての活動期間(今も活動している人もいますけれど)が2年半と短かった事もあってか、結局ブームも瞬間最大風速が強かった、と言うだけで終わってしまった感がありますし、この他にも(ちょうどおニャン子ブームと同じころ)所謂タレントが経営する「タレントショップ」なんてのがそれこそ原宿あたりに雨後の筍のように次々と出来たものですが、その後バブル崩壊やらリーマンショックやらがあって、今どのくらい残っているのかわからないくらいですからねえ。ですからモー娘。みたいに一時の人気が過ぎ去ってしまったとしたらどうなるのかとか、極端な話AKBが突然解散でもしてしまったらこれらのショップは「なんであのころこんなのに夢中になっていたんだろうな」なんてことになりゃしないか、と管理人はいらぬ心配をしているのですが(苦笑)。

まあ、いずれにせよ、おそらくAKBが何度もメンバーチェンジをを繰り返して行くとは思いますが、5年先、10年先も活動しているようにこれだけのファンがいる、という事を本人たちも秋元氏も心得ておいてほしいと思います。


【特典生写真付き】ここにいたこと(初回限定盤)
キングレコード(株)
2011-06-08
AKB48

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【特典生写真付き】ここにいたこと(初回限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長く続くかそれとも… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる