管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS もっと安全に気を付けなきゃ。

<<   作成日時 : 2011/06/13 19:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

本人がいらざる張り切り方をするのか、はたまたテレビ局が「これくらいなら大丈夫だろう」と思うからか、はたまたその両方かどうか知りませんが、なんだか時々バラエティ番組の収録中にタレントが負傷した、という話を聞きますが、今回もテレビ東京の収録でこんなことがあったようで…

「「ぴゅあふる」の2人負傷…テレ東番組収録中」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110613-OYT1T00569.htm
「テレ東番組で2人負傷」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110613-00000068-jij-soci

なんでも番組内の企画でゲームをやっていて、スタジオの壁沿いの溝に転落した、という話ですが、管理人最初にこの記事を読んだとき、U字溝みたいなのに落っこちて派手にすっころびでもしたのかと思ったのですが、記事を見てみると幅幅1.2m、深さ1m、と結構大きな溝だったことがわかって驚いたんですよね。しかも今回負傷したのが二人とも女性で、一人は鼻を骨折した、というのですから一体テレビ局の安全管理はどうなっているんだ、と言いたくなってきますよね。

こういった企画で行うゲームというのは結構危険で、これまでもお笑いタレントが負傷した、なんて事故はあったし、最悪の場合死亡事故になってしまう事だってあったんですからねえ。勿論、こういった事故がお凝らないようにテレビ局だって安全対策はしてあったと思うのですが、今回のように結構デカい溝がスタジオにあったらそこに落っこちてしまう、というのは予想できたと思いますし、ましてや負傷した女性タレントは目を回した状態だった、という話ですから、その危険性は普段以上にあったと思うのですが。ですからテレビ局側も例えば溝の前にフェンスを置くとか、スタジオの床にラインを引いて「このラインから出たら失格」と言ったようにするべきだったのではないか、と思うのですが。

まあ、最近のバラエティというのは安全ばかりに気を使っていて以前ほど「ここまでやっていいのか?」と言ったようなものが減ってしまった、という意見もあるのも分かります(例えば「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」なんて2〜3年前に放送した復活版はあまり危ないことが出来なくてイマイチの出来だったし)。でもだからと言ってこういった負傷者や死人が出た、なんていったらシャレにならないのですから、テレビ局は「安全面」と「面白さ」という一見相反するような二つの要素をどういった形で絡ませるか、これからも研究を続けてほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ぴゅあふる Wiki
ぴゅあふるのメンバーのことを教えてください。 ぴゅあふるのメンバーのことを教えてください。(続きを読む) 生徒会の一存&けいおん!カラオケ 生徒会の一存&けいおんの歌って カラオケ... 生徒会の一存&けいおん!カラオケ 生徒会の一存&けいおんの歌って カラオケで歌えますか? アニソンやキャラソンも 歌える歌を全部教えてください!(続きを読む) 「ぴゅあふる」綾川小麦 テレ東・収録中に転落1か月の重傷 &lrm;2011&#24180;6&#26376;13&#26085;&l... ...続きを見る
アスヨミ!ニュースダイジェスト
2011/06/15 21:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もっと安全に気を付けなきゃ。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる