管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 多すぎるのも考えもの…か?

<<   作成日時 : 2011/05/30 20:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「「エ〜シ〜」大量放送、もめる料金の帳尻合わせ」
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110530-OYT1T00882.htm

3月11日の東日本大震災発生後、全民放が一斉にCMを休止し震災報道を続けた、というのはご存じの方も多いと思いますが(かく言う管理人も震災発生後避難した妹の家でずっと報道特別番組を見ていたしね)、各局が通常放送に戻した後もしばらくの間はCMと言ったらACジャパン(旧公共広告機構)ばかりだった、というのをこれまたご存じの方も多いでしょうね。で、こんなニュースが出てきたようで。

まあACジャパンというのは例えば今回のような災害時とか、一社提供の番組でその企業が問題を起こしてCMを自粛した際に替わりに流れる、という事が多いのですが、今回の場合は何でも1週間に2万回もACジャパンのCMが流れたとかで相当な減収となったようですね。
まあ、テレビ局にとって痛かったのはもちろんですが、管理人記憶しているのは震災発生してからしばらく経ってACジャパンのCMに関しても「いくらなんでも流しすぎ」「『エ〜シ〜』という言葉がトラウマになった」という声が聞かれたことなんですよね。まあ、ACジャパン側もしばらくしてからは「エ〜シ〜」というのを流すのをやめたようですが…。

まあ、それはそうと民放というのは広告収入によって成り立っているのは変わりがありませんからね。そして広告主というのも番組で自分たちの商品を宣伝してくれる際の効果、というのは相当なものがあると思うのですが、今回のような大規模な震災があった場合は広告収入が減ってしまうというのは覚悟しているとは思うのですが、それが想像以上に多かった、という事なのでしょうか?
まあ、これからいったいどのような話が持たれることになるのか管理人はちょっとわかりませんが、例えばこれからはこういった(今回の震災のような)災害が起こった時には例えばACジャパンが広告主となっていくつかの企業名を出して「お見舞い申し上げます」と言ったようなCMを制作する、という方法を考えてもいいいかもしれませんね。

いずれにせよ今回の震災というのは、いろいろな意味で「震災前」と「後」で日本国内も、日本を巡る状況も相当様変わりした、と管理人は思っています。tだ一つ言えることは今は日本国民が一致団結してこの災害を森超えていくことでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
多すぎるのも考えもの…か? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる