管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 正しい知識を持たないと…

<<   作成日時 : 2011/01/22 20:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

広島と長崎に原爆が投下されてから今年の夏で66年となり、当たり前ですが被害者の高齢化が進み、これからどうやって原爆をはじめとした核兵器の実態を伝えていくかがますます重要になってくると思いますが、イギリスの国営放送BBCでこんな問題が持ち上がったようで…

「二重被爆者「世界一運が悪い」BBCお笑い番組」
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110121-OYT1T00853.htm
「日本の二重被爆者を嘲笑=BBCテレビ、謝罪―英」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110122-00000028-jij-int

これまで人類の歴史で2回しかない市街地への原爆投下で2回も被爆した人を特集するというのは悪いことではないと思うのですが、それを「世界一運が悪い」としてお笑い番組で取り上げる、というのはいくらなんでも人道的にもまずいでしょう。
例えばプロ野球で「あと一人打ち取ればノーヒットノーラン」というところまでこぎつけながら突然乱調になってサヨナラ負け、とでもいうのだったら(これは実際にある例です)まだ「運が悪い」で笑ってすまされますけれど、核兵器はそれとは全然違うもの案んですからねえ。
日本は唯一の被爆国としてこれまでにも被爆者の体験談なんかで「核兵器を使うとどういう結果になるか」という事はよくわかっている、と管理人は思うのですが、いろいろと調べてみるとどうも諸外国というのは核兵器を「これまでの爆弾よりも威力が物凄い爆弾」程度の認識しか持っていない一般人が多いのではないか、という気がするのですが。
あくまでも例えば、の話ですけれど、第二次大戦中にナチスドイツも原爆の研究を進めていたそうですけれど、もしナチスドイツがアメリカより先に原爆の開発に成功して、それがロンドンにでも落とされていたらもしかしたらイギリスもこの手の番組を制作することもなかったかもしれませんが、いずれにせよまだまだ世界は核兵器に対する知識というものが勉強不足なのかもしれませんね。

上にも書いた通り、被爆者も高齢化が進み、そう遠くない将来、被爆を経験した人、というのが一人もいなくなってしまう事になるのですから、これから日本は核兵器というのもがどれだけ危険なものなのか、そしてそういったことを起こさないように核をいかにして平和的に利用するかを世界に訴えることができるか考える必要があるかもしれませんね。


風が吹くとき デジタルリマスター版 [DVD]
video maker(VC/DAS)(D)
2009-07-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 風が吹くとき デジタルリマスター版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
二重被爆者を嘲笑 英BBC 
ひどいですね。あれだけの大量殺戮を。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20110122-00000028-jij-intバラエティー番組で笑いものにするなんて。ちょっとイギリス人のセンスを疑います。&nbsp; にほん ... ...続きを見る

2011/01/23 03:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログを読ませて頂き平和に関する感銘を受けると同時に一部の意義を抱きコメントさせて頂きます。
被爆者も高齢化が進みそう遠くない将来、被爆を経験した人がいなくなる・・・とのお考えですが、被爆者はいなくなりません。
いなくなるのは”1945年8月6日と9日に原爆を受けた人”です。
私は1972年生まれですが被爆者です。
さらに私の3歳の息子も2007年生まれですが被爆者です。
性格に言うと
ご存知かとは思いますが原爆の恐ろしさは爆発の熱線と放射能です。



ブログを読ませて頂き平和に関する感銘を受けると同時に一部の意義を抱きコメントさせて頂きます。
被爆者も高齢化が進みそう遠くない将来、被爆を経験した人がいなくなる・・・とのお考えですが、被爆者はいなくなりません。
いなくなるのは”1945年8月6日と9日に原爆を受けた人”です。

ご存知かとは思いますが原爆の恐ろしさは爆発の熱線と放射能です。

報道やドラマでは原爆の威力の凄まじさにその時の地獄絵図をクローズアップしています。
無論それはとても悲惨な事です。そして運よく(運よくというのは例のバラエティ番組と同じく
適切ではありませんが)それに耐え生きのびたとしても次は放射能という猛毒に襲われ、白血病で死んでいきます。
その放射能という毒は遠く未来の子孫末代まで消える事はありません。
私は戦後生まれですが被爆二世です。
さらに私の3歳の息子も生まれながらに毒を持って生まれた被爆三世です。
何時、白血病で息子を失うか解らない恐怖に怯える時もあります。
だから我々は”語りべ”としてではなく、”当事者”として継いでいかなければなりません。
核の平和的利用などありえません。
***
2011/01/22 23:09
管理人から一言だけ。

>核の平和的利用などありえません。

確かに核は恐ろしい平気ですが、果たして人間はそれほど愚かしい生物でしょうか?
私は必ず人類は核の平和的利用ができると思います。
ともゆき@管理人
2011/01/23 19:01
2011.03.11
今回は、非常に残念な事が起こってしまいました。皆、協力して生きていきましょう。
神奈川県・30代・男
2011/03/14 01:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
正しい知識を持たないと… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる