管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔だったら大騒ぎだったんだろうけどねえ。

<<   作成日時 : 2010/12/31 15:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大晦日といったら「日本レコード大賞」「紅白歌合戦」(演歌歌手の場合はさらに「年忘れにっぽんの歌」が入る)を掛け持ち出演する歌手がいるくらい大晦日の風物詩だったんですが、その「紅白」が放送時間を夜7時台開始に早めた影響もあってか、レコ大は数年前から30日に放送していますが、昨日、その日本レコード大賞の発表があったようで…

「レコード大賞にEXILE…あゆに続く3連覇」
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20101230-OYT1T00610.htm

ちなみに最優秀新人賞のスマイレージというのを聞いて「え? コイツら誰?」と思った管理人も相当おっさんになったようで(苦笑)。なんでもつんく♂がプロデュースしているグループらしいんですが(という事はハロプロの一員か?)。

まあ、それはさておき今回の「EXILE3年連続受賞」ですけれど(まあ、2001年〜03年の浜崎あゆみもそうでしょうが)、昭和50年代だったら「レコ大3年連続受賞」というのは大騒ぎになったかもしれませんけれど、今では「ふーん、そうなの」と思っている人も多いのではないか、という気もしますが。
勿論EXILEには何の罪もないとは思うんですけれど、時代が平成に入ってからなんだかこういった音楽賞というのは権威が落ちて行ったような気がするんですよね。ちょうどそのころからそういった賞レースには出ないというアーティストが増えてきたような気もしますし(ジャニーズのタレントなんかその一例。だから昨日レコ大に出演した近藤真彦は今回限りの特例みたいなもの)、今やそういった歌謡賞が少なくなった分かえって権威が上がるのか、と思いきやほとんど上がっていませんからねえ。純粋に売り上げだけで表彰する「日本ゴールドディスク大賞」も昔ほど話題に上らなくなったことからも分かる通り、今日本の音楽界を巡る状況というのは相当厳しいものになっている、と言おう事なのでしょうか?

まあ、とにかくレコード大賞の存廃についてはこの際横に置いとくとしても3年連続受賞したからと言って大ニュースになるでもなくなんだか逆にシラケムードが漂っているようなことがないように、日本の音楽界というのは来年以降もっと危機感を持って今の状況に立ち向かっていかなければならないでしょうね、と結んで2010年最後のブログとさせていただきます。

それではよいお年を。


EXILE LIVE TOUR 2010 FANTASY(3枚組) [DVD]
rhythm zone
2010-12-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by EXILE LIVE TOUR 2010 FANTASY(3枚組) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昔だったら大騒ぎだったんだろうけどねえ。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる