管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS この人もどこへ行くのでしょうね?

<<   作成日時 : 2010/10/06 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

現地時間の10月6日からワールドシリーズ出場を賭けたプレーオフが開幕しますが(ただ川上憲伸投手と斎藤隆投手のいるブレーブスでは両投手の出場は微妙だそうだけど)、その一方でこの人たちの動向も注目されているようですね。

「アスレチックスが岩村解雇、日本復帰の可能性も」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20101005-OYT1T00248.htm
「松井秀、今は待つ時…エンゼルスと来季白紙」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20101006-OYT1T00257.htm

岩村選手は今年パイレーツに移籍したものの打撃不振に陥って3Aに降格→解雇ののちアスレチックスに移って10試合ほどプレイしましたが、結局解雇になってしまったようですね。まあ、10試合で来季も契約できるようになるにはよほどの結果を出さなければならないでしょうが(苦笑)、まあまだ31歳といくらなんでも老け込む年齢ではないと思いますし、本人も米球界にこだわらず野球ができるならばどこにでもいく、と言っているそうですから(とはいえヤクルト復帰かどうかはわからないけれど)、その気になればまだまだ活躍できる場所はあると思います。

で、一方の松井選手ですが、新天地のエンジェルスでどれだけ活躍できるか、と思っていたんですが、打率そのものは去年と変わらなかったようですが、ホームラン数は減ってしまったし、本人が守備機会を求めて移籍したのに結局はDHでの出場が多かったことを考えると、松井選手にとってもエンジェルスにとっても誤算だったかもしれませんね。エンジェルスが来年再び契約を結ぶのか、あるいは自分を必要としてる球団に移籍するのかどうかちょっとわかりませんが(なんでもアスレチックスが興味を持っている、という話だし)、とにかく来年の松井選手がどうなるか、管理人も気になっていますね。

日本でも岩隈投手や建山投手がメジャーリーグ挑戦を表明していますが、確かに20年前と比べれば日本人にとってメジャーというのはそれほど高い目標にはならなくなったと思いますが、その分、結局何年かプレイして日本球界復帰、というパターンも多くなってきていますからね。ですからメジャーリーグというのはそれだけリスクも大きい、という事を覚悟して渡米してほしいと思います。


メジャーリーグビジネスの裏側~本当に儲かってるのはこの人達~
キネマ旬報社
丹羽政善

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メジャーリーグビジネスの裏側~本当に儲かってるのはこの人達~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この人もどこへ行くのでしょうね? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる