管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS CM撮影のためとはいえ…

<<   作成日時 : 2010/10/19 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日清ラ王、と言ったら管理人、7月に生産が終了した生タイプの法のイメージが強くて9月になってリニューアルされたノンフライタイプ(所謂「2代目」)に関しては販売されているのを見ただけで、まだ食したことはないのですが、その2代目のCMに関してこんなトラブルがあったようですね。

「日清の槍ヶ岳CM撮影、環境省が3社に指導」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101019-OYT1T00677.htm

結局件のCMはこの事件が発覚した9月の時点から放送自粛したため(現在は新しいCMが流れているようだけれど)、結局お蔵入りとなってしまったようですが、そもそも「ラ王」に関してはあれだけ生産終了で大騒ぎしてそれから1か月余りでリニューアル発売した、という事に関しても問題がありましたが、それは別にしてもちょっとCMの取り方に問題があったことも間違いがないでしょうね。

こういったCM撮影なりドラマの撮影なりで今回の様に観光客が訪れるような場所で撮影する場合は事前に許可を取るのはもちろんですけれど、今回のような場合でも登山者よりも先に、やはり関係各位に頼むのが先決だと思うのですが。勿論許可が出るかどうかはわかりませんがだとしたらたとえばCGを使うとか似たような場所を探すとかいろいろな方法があったはずですがねえ。
それが最終的に許可が下りなかったのか、関係各位に頼むのが面倒臭くなったのかどうかわかりませんが、結局こういった形でいわば「ゲリラ撮影」みたいなことをやったのかもしれませんがゲリラ撮影そのものがグレーゾーンだし、やはり今回のやり方で撮影中にひと騒動あったら日清食品はどういった形で責任を取ることができたのでしょうか? (ちなみによくやる「ゲリラライブ」も事前に警察署の許可が必要)

まあ、CMというのは15〜30秒しかありませんから、その間に視聴者にインパクトを残すようなCMを作ろう、という考えはわかるんですけれど、やはりCMというのも番組制作と同様に製作者側は問題を起こすような行動は控えるべきなのかもしれませんね。
今回のCMがラ王に限らず日清食品のほかの商品に影響が出るかどうかはわかりませんが、視聴者というのは製作者側が考えているほど優しい目で見ているわけではありませんから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CM撮影のためとはいえ… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる