管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日の話の続きみたいなもの。

<<   作成日時 : 2010/09/17 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

という事で昨日のブログの最初にちょこっと書いた押尾学被告の裁判員裁判の判決ですが、結果的に保護責任者遺棄致死罪は認められず、保護責任者遺棄罪という事で懲役2年6月の実刑判決が下ったようですね。

「押尾学被告に実刑、遺棄致死罪は認めず」
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090810-234008/news/20100917-OYT1T00799.htm
「押尾被告側が即日控訴、地裁判決不服として」
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090810-234008/news/20100917-OYT1T00916.htm

まあ正直言って控訴は管理人予想していましたが、だからと言って逆転無罪になる可能性は1%もないんじゃないかと、という気もしますが、それはそうと今回の裁判を見てみると保護責任者遺棄致死罪が認められなかっただけでも良かったのではないか、という気もしますけどねえ。
それに今回の裁判はあくまでも「適切な救護措置を取らずに死なせた」ことだけの裁判だったからかもしれませんけれど、例えばなんで携帯電話をマンションの外に捨てたのか、といったようなことが明かされなかったもの残念ですよね。事件発覚から1年以上たった今でもあの事件に関してはまだまだ謎が多いような気がするのは管理人だけでしょうか?

それに押尾被告の場合は麻薬取締法違反で一度執行猶予付きの判決が出ていますからね。今回の裁判の結果が最後にはどうなるかわかりませんが、いずれにせよ執行猶予中にこういった事件を起こしたのですから、執行猶予取り消し、服役となる事はほぼ間違いがないと思いますね。とはいえ、昨日逮捕された田代まさし容疑者が3年半の服役をしたにもかかわらず、結局コカインに手を出してしまったのですから、またこういった事件を起こす可能性があるし、そうなってしまった場合は今以上に「信用のおけない人物」というレッテルを貼られるような気がしますが…。

まあ、いずれにせよ控訴審でこの事件の裁判の決着は少し伸びてしまいましたが(控訴審以降は裁判員はいないし)、その間に人つぃうでもいいですから、今回の事件に対して新しい事実がわかって欲しいと管理人は思いますし、これからの裁判の行方も見守りたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨日の話の続きみたいなもの。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる