管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 賛否両論あった人だけれど…

<<   作成日時 : 2010/08/23 19:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「芸能リポーター・梨元勝さんが死去」
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100823-OYT1T00212.htm
「梨元さん、亡くなる2日前にショーケン交際問題で独自エピソード明かす」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100823-00000523-san-ent

まだ65歳という年齢と死因が肺がんという事で「あれ? もしかして梨元さん、喫煙者だったのかな?」と管理人が真っ先に感じたことですが、氏は喫煙者ではなかったようですね。それでも肺がんにかかったしまうのか、ということはさておき、芸能リポーターというとはっきり言って「知る権利」と「プライバシーの問題」というのが複雑に絡み合って、その仕事については賛否両論あると思いますが(管理人もどちらかと言えば「否」のほうだけれど)、それはそうと梨元氏と言ったらある意味では芸能リポーターという職業に関して代表的な人物であったことは変わりがないでしょうね。
梨元氏によって芸能界で我々がわからなかった部分を知ることができた反面、強引とも思える取材方法は当然のことながら反発を受けるわけで、これまでテレビ局と数々の問題を起こしていたようですね。結果的に梨元氏がテレビに出る機会が少なくなってしまったのかもしれませんが…。

それにしても死の2日前まで自身の運営する携帯サイトに情報を出していた、というのですから、闘病生活に入ったらその間は仕事のことくらい忘れて、とにかく治療に専念しろ、という気もするのですが、意地の悪い見方しれないけれど、もしかしたら梨元氏は自分の死期を悟っていて、死ぬ瞬間まであくまでも「芸能レポーター・梨元勝」としてその職務を全うしようとしていたのしれませんね。

まあ、上にも書いた通り、スキャンダルというモノに関しては「知る権利」と「プライバシー」が複雑に絡み合う問題ですから一朝一夕には答えが出せない問題だし、梨元氏が芸能リポーターである以前にひとりの人間として「ちょっとこれはやりすぎたかな…」と反省することもあったと思いたいですが、まあ、いずれにせよ梨元氏が亡くなったからと言ってこれからもこういった問題は起こると思いますし、これから芸能界はどうなっていくのか、芸能リポーターは果たして必要とされているのか、梨元氏はあの世に行っても心配しているかもしれないですね。
賛否両論あれども、梨元勝という人物がこの世に残したものは決して小さくないのですから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
賛否両論あった人だけれど… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる