管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS また日テレで…

<<   作成日時 : 2010/08/02 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まず最初に言っておきます。管理人、東京キー局の民放5社のうち、おそらく一番番組を見ているであろう局は日本テレビなんですよ。ですから先日の山本アナの転落死のような事件を聞くと嫌な気持ちになってくるし、昨日起きたこのような事故もまた然りなんですよね。

「日テレ遭難、記者ら2人とも水死」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100802-OYT1T01010.htm
「「不安、言いづらかった」日テレ遭難死でガイド」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100802-OYT1T00818.htm

記事を見てみると先日起きたレスキューヘリの墜落事故に関しての取材のようで、どうやら記事によると「バンキシャ」(…ってこれもまた福澤アナ司会の番組かよ。ほんとこの人はフリーになってから番組に恵まれないな)で使うつもりだったのではないか、と思いますが、それはそうと、もちろん山中で取材をするというのにちゃんとした装備をしなかった記者とカメラマンも問題ですけれど(…って山の事故というのはよく起こっているのに)、考えようによってはこのガイドももしかしたら自分のせいでこんなことになってしまったのではないか、と悔やんでいるのではないか、という気もしますよね。いくら射当てが報道の人間だったとはいえ、山登り専門の人間が報道について詳しくないの一緒でその逆もまた同じではないか、と思うんですよね。
おそらく管理人の推測が正しかった(つまり、その日の「バンキシャ」用の素材として使う)としても、もう少しガイドの言うことを聞くべきだったし、ガイドのほうも「これ以上はどんなことがあっても私は責任を持てませんから」とでもいえばよかったのに、という気もしますよね。

インカのところ二人の死因が水死だった、という事ぐらいしかわからず、遭難してしまったそもそもの原因などもこれからの調査結果が待たれますが、いずれにせよ、いくら取材活動が時には危険を伴うといえども、こういった事故が実際に起こってしまっては遅いと思うんですよね。
ですからテレビの取材陣はこれからもこういった事故が起きないような安全な取材を心掛けてほしいですし、取材される側もできる限りの協力はしてやるべきだと思うのですが。管理人、正直言って取材に非協力的な人間を見るとぶっ飛ばしたくなってくる性質ですので(苦笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
また日テレで… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる