管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 苦渋の決断だったとはいえ…

<<   作成日時 : 2010/07/06 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

野球賭博問題をめぐって昨日「NHKスペシャル 大相撲は変われるのか」という番組を放送したNHKですが、その中でも確か「大相撲を中継するかどうかは今後の状況を見て判断する」と言っていましたが、結局こういうことになったようですね。

「名古屋場所生中継せず、ダイジェスト版は放送」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/news/20100706-OYT1T00796.htm
「反対7割、苦渋の選択=中継賛否で窓口パンク―「視聴者目線で判断」・NHK会長」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100706-00000121-jij-soci

とはいえ、午後6時台にダイジェスト中継と言う形で放送はする、ということなので(とはいえNHKは6時からはニュースが10分、ローカル枠が50分だからどのくらいの時間やるのかわからんけれど。今現在NHKのHP見ても番組表が変更されていなし)、まるっきり放送しない、というわけではないんですけれど、NHKとしても今回の問題に対してかなりギリギリまで様子を見たのではないか、という気もするんですよね。

正直言って管理人、NHKの「大相撲中継」という雑誌が発売中止になった、という話を聞いてから「もしかしたら放送が無いのではないか」という気がしていたので今回の決定も正直言ってあまり驚きは無かったのですし、NHKに寄せられて意見のうち7割が名古屋場所の中継に反対だったと言う話ですから、今回の事件に対し、いかに一般市民が厳しい目を向けているか、ということがわかると思いますし、NHKの判断は妥当だったかもしれませんが、ただ相撲中継と言うのは結構楽しみにしている人も多いと思うんですよね。そういった人たちのことも考えて6時台のダイジェスト放送、といういわば「折衷案」みたいなのを決定したと思うのですが、今回の中継はラジオやBSですら生放送をしない、ということなんですから異常と言えば異常事態なんですよね。

今回の措置が名古屋場所だけになるのか、はたまたNHKの会長が「相撲の火を消したくない」と言っていることからも何とか九月場所以降は通常通りの放送に戻したい、と相撲協会もNHKも思っていると思いますが、こういったことは本当に一度だけ、ということになるように今回の事件がどれだけ社会的に影響を及ぼしたか、相撲協会は本当に考えて欲しいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
苦渋の決断だったとはいえ… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる