管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS こっちも来年はどうなるか…

<<   作成日時 : 2010/06/26 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大相撲の野球賭博問題は名古屋場所の番付発表延期という事態にまで発展し、7月11日の初日が無事に開催できるかどうか微妙なセンになってきた気もしますが、意外なところでも野球賭博問題が飛び火してしまったようで…

「プロ野球独立リーグ選手8人が野球賭博、解雇」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100625-OYT1T00289.htm
「プロ野球独立リーグの賭博、存続問題に発展か」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/yakyu/news/20100625-OYT1T00867.htm

ジャ@パン・フューチャー・ベースボール・リーグ(JFBL)というのは関西独立リーグに加盟を予定していた三重スリーアローズが昨年の関西独立リーグのゴタゴタに嫌気が差したかリーグ加盟を見送って新しく作ったリーグで、関西独立リーグから大阪ゴールドビリケーンズが移籍してきて今年から始まったリーグだったのですが、開幕2ヶ月ちょっとでこんな問題が起こるとはねえ…。
しかも所属選手20名のうち8人が参加していたとなると大相撲のそれのようにかなり大掛かりなものではないか、という気がするのですが。

そもそも独立リーグというのは(アメリカもそうだと思いますが)、日本プロ野球と比べれば運営とか選手の待遇面とかで色々と厳しい面があると思うんですよ。一応の成果を上げているアイランドリーグやベースボール・チャレンジリーグも経営面では厳しいそうですし。それでもどうしても野球をやりたい選手が集まる場所のはずの独立リーグで野球賭博をやっていた、となると彼らは一体何のために野球をやっているんだ、ということになりますよね。
まあ、大阪ゴールドビリケーンズ自体も所属選手が一気に減ったことでこれから球団存続が出来るかどうかも気になりますし(調べてみるとスポンサーが契約を打ち切ったと言う話だし)、同じように関西を拠点としている関西独立リーグは先日、コリア・へチ以外の3球団の選手の給与カットという事態が起こっていますからねえ。どうしてこう関西の独立リーグは次々と問題が発生するんでしょうね?
この分だと両リーグとも来年のリーグ運営そのものが危なくなってくるのではないか、と思いますし、下手したら共倒れ、ということになってしまうのではないでしょうか? もちろんそれだけは避けたいとは思いますが、こういった事態が起こらないように、場合によっては来年以降両リーグの合併、ということも考えた方がいいかもしれませんね。
いずれにせよ事件の全容解明が待たれます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こっちも来年はどうなるか… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる