管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS なんかドタバタしたような…

<<   作成日時 : 2010/05/27 20:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プロ野球の交流戦もそろそろ折り返し地点(6×4の全24試合)に差し掛かるようですが、その交流戦途中にしてヤクルトの高田監督が辞任を表明したようですね。

「ヤクルト・高田監督が辞任…成績不振で引責」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20100526-OYT1T01070.htm

ヤクルトは昨年、阪神との争いを制して球団初のクライマックスシリーズ進出(3位)を果たしましたが、今年はチーム自体が不調のようで、交流戦に突入してチームは9連敗とまだ1勝もしておらず、セ・リーグの順位を見ても首位の巨人と15ゲーム差のこれまた最下位、という結果を見ると辞任も仕方がないか、と言う気はしますが、それにしても何だか今回の辞任劇というのはドタバタしたような気がするんですよね。
まあ、こういう監督辞任のドタバタ劇は今に始まったことではなく、去年の例で言うと横浜ベイスターズの大矢監督とか千葉ロッテマリーンズのバレンタイン監督の例もありますからそれほど驚くものでもないのですが、確か機能の報道では「辞任」と報道されたことに関して3年契約の最終年ということもあってか、「今年一杯指揮を取ってもらう」と球団幹部が言ったばかりだったんですけどねえ(実は管理人もこのニュースを管理人の父親から聞いたとき思わず「あれ? 昨日は続投、って言っていなかった?」と聞き返したくらいだし)
何でも昨日のオリックスとの試合に敗れて結局高田監督本人から辞任を申し出た、ということですし、もし仮に昨日の試合に勝っていたとしてもそれでも1勝8敗ですから、もしかしたら辞任が数日遅れた程度だったかもしれませんが…(じゃあ、交流戦の残り試合全勝したらどうだったか、と言われても結局同じことになったかもしれないが)。
もちろん指揮官が辞任を表明したらチームの士気にかかわる、という事情もわかるのですが、だったら記者に対してもそういった辞任を匂わせるようなことはするな、余計なことは話すな、という気になってきますが。

まあ、残り試合がまだ98試合と十分に巻き返せる時間はありますし、何らかのきっかけでチームが浮上する可能性は十分にありますから、これから何とかヤクルトが立ち直って何とか3強(巨人、中日、阪神)の一角に食い込んで昨年のような激しいCS進出をかけた争い(…といっても優勝よりCS進出の方に興味が行くと言うのも何だか変な感じはするが)として欲しいと思います。


実況パワフルプロ野球2010
コナミデジタルエンタテインメント
2010-07-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんかドタバタしたような… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる