管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たして再び活躍できるのかしら?

<<   作成日時 : 2010/04/15 19:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日阪神タイガーズがかつてソフトバンクで投げていたスタンリッジ投手(ソフトバンク時代の登録名は「スタンドリッジ」だったけど)の獲得を発表しましたが、今度はソフトバンクがヤクルトや巨人で活躍していたロベルト・ペタジーニ選手の獲得を発表したようですね。

「懐かしいペタジーニ、ソフトバンクが獲得へ」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20100415-OYT1T00371.htm

もともと日本プロ野球でプレイしていた外国人選手が一度退団してアメリカや他の国でプレイした後に再び日本の球団に入団する、というのも結構ありますけれど、ペタジーニの場合は巨人を2004年に退団してからメジャーリーグ→韓国プロ野球を経て日本復帰となったようですね。
まあ、本人としても6年前まで日本球界でプレイしいたから、まったく慣れていない環境というわけではないとは思うのですが、正直言って管理人、かつてのように活躍できるか、と聞かれると「?」なんですよね。
確かにヤクルトにいた頃は活躍しましたが、巨人にいた2年間というのはあまり活躍したな、という印象がありませんし(まあ、当時の監督が堀内だったからなあ。原監督だったらラミレス並みに活躍していたかもしれないけれど)、結局韓国プロ野球も2年で退団した、ということは(確か韓国プロ野球の外国人枠は2人までだったからそれの都合もあったかもしれないけれど)、結局見切りをつけられた、ということになるのだと思いますし、それより何よりもう38歳ですからねえ。去年までオリックスにいたローズは40歳になっても活躍していましたけれど、年齢による衰えというのも考えなければいけないのではないか、という気もしますが。まあ、ソフトバンクはDH制を採用しているパ・リーグに所属していますから(ちなみに韓国プロ野球もDH制採用。そう言えばその前のメジャーリーグにいたときもレッドソックス、マリナーズともDH制があるアメリカン・リーグだったし)、もしかしたらソフトバンクも打撃を買って獲得に乗り出したのかもしれませんが…(まあ、もし城島選手がホークスに戻っていたら獲得しなかったかもしれないが)。

まあ、いずれにせよまだまだシーズンは始まってまだ1ヶ月経っていませんからね。どの球団も今後の戦略がそろそろ固まってくる頃だと思いますし、ペタジーニ選手も6年ぶりの日本球界復帰ですからブランクを感じさせないような活躍をして欲しいと思います。


プロ野球スピリッツ2010
コナミデジタルエンタテインメント
2010-04-01

ユーザレビュー:
やはりプロスピは馴染 ...
感激一言苦言を・・・ ...
まあまあだね。前作に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たして再び活躍できるのかしら? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる